悩み

抗がん剤治療の副作用がきつく、毎日の通院が心身ともにつらかった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【通院で行われる抗がん剤治療】

最近では、抗がん剤治療も通院で実施することが増えてきました。これは、抗がん剤の副作用を軽減するための薬(吐き気止めなど)やその他の対処方法も進歩してきて、通院で可能な治療は通院で行われるようになってきたからです。
また、病院によっては、通院治療センターなどが整備され、外来で抗がん剤治療を受ける環境も整ってきました。
ただ、抗がん剤治療にしても、放射線治療にしても、副作用がありますから、つらい時もあると思います。
また、入院での治療とは異なり、治療が終わり、病院を出ると医療者がそばにいないことになりますから、不安がつのることもあるでしょう。
けれども、入院治療に比べ、自分の生活リズムで過ごせるので、リラックス、気分転換ができます。精神的な状態にも左右されやすい吐き気や食欲不振は入院時より少ないという方もいます。


 
【通院にかかる負担を軽減する】

毎日、長時間の通院治療になれば、副作用症状と通院の疲労が重なって、体調がよくないこともあると思います。
特に通院治療において、副作用や生活の様子を一番把握しているのは、患者さん自身とご家族です。副作用症状がみられた時は、出た時期や程度を担当医や看護師に伝えることが重要です。少しでも副作用が軽くなる方法について、相談してみてください。

副作用を予防、軽減するには、患者さん自身が日常生活で注意したり、工夫したりすることが欠かせません。毎日の通院にかかる時間や通院の手段、外来での待ち時間などによる負担が少しでも軽くなれば、体力の消耗が抑えられて、疲労や副作用症状の回復が促されるので、通院の手段などを検討してみるのも良いと思います。
一方で、経済的な問題や人手などの問題が生じる可能性もあります。
治療や通院の負担を最小限に、自分に合った生活ができるように、ご家族などあなたを援助してくれる人も交えて話し合ってみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A