悩み

どのような治療が最適なのか提示してもらえず悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療の選択・決定について】

担当医から、いくつかの治療方法が提示され、そのなかからどれにするか決めるように言われたり、1つの治療法の説明を受け、それ以外に治療はないのか、その治療で良いのか迷うことがあります。
患者さんのなかには、「素人なんだから、決められない」、「先生におまかせする」という方もいらっしゃいますが、自分自身の体に関わる大切なことです。わからない点、疑問点を担当医に確認し、どういう治療か理解した上で、最終的には自分自身が納得して選択することが大切です。
治療を決めるとき、医師は患者さんのがんの状態、全身状態(心臓や肺、腎臓などの機能、がん以外の疾患の有無など)から、どのような治療がその患者さんにとって適応になるかを検討して、患者さんに治療方針を説明します。
また、がんに対しての効果がほぼ同じで、いくつかの治療法があるときには、医師はそれぞれの治療法の利点・欠点について説明すると思います。具体的には、治療の効果、からだへの負担、副作用や危険性、起こりうる障害、治療にかかる期間や費用などです。
また、治療を決めるときに悩んでしまうようであれば、ご家族と相談されるとよいと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。

注)[がん体験者の悩みQ&A]は、悩み調査結果に基づいて情報提供しており、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。
ご相談がある方は、
●静岡がんセンター「よろず相談
●お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A