悩み

がんと共生するには真実を知ることが大切ということはよくよくわかっているが、検査を受けた時は結果を早く聞きたい、いや聞きたくないと複雑な気持ちの揺れ動きがある。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【自然なことです】

漠然とした不安があったり、気持ちに波があったりすることは、自然なことです。
身近にこころを許して話ができる人や、気持ちが明るくなるような心配りをしてくれる人がいれば、こころが晴れてくることもあります。
考えすぎると、逆に物事のとらえ方が狭くなってしまいがちです。“今日はこれ以上考えない”と区切りをつけてみるのもよいでしょう。


 
【がん体験者の多くが再発や転移の不安を抱いている】

今回の大規模全国調査では、半分以上の方がこころの問題を抱え、不安の中で一番多かったのは『再発・転移への不安』でした。この再発・転移への不安は、病気の段階に関係なく抱く方が多いということも、調査の結果わかりました。
今後について、さまざまな思いが頭をよぎると思います。考えまいとしても、一人になったときや、静かな夜にふっといろいろなことを考えてしまう・・・これは誰もがいろいろな場面で体験することかもしれません。


 
【がんとうまく付き合う】

患者さんの悩みの声のなかで、「がんとうまく付き合って」と前向きにとらえている方がいらっしゃいます。「今は」と書かれてあり、治療をされて少し時間が経った方に多い印象です。もちろん最初はこのような気持ちではなかったと思いますが、先に体験された患者さんのこころの状態や対処法を聞くことは、とても参考になります。
がんとうまく付き合うには、からだとこころの両方の声を聞きながら、調和の乱れを早く察知し、無理をせず自分にあった生活を送ることが大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A