悩み

検査では、はっきりとがんとは診断されず、結局手術をしてとのことで、その結果がんと診断された。病院に行くたびになんと言われるのか不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【術前の検査】

まず『問診』や『触診』が行われます。いつからどのような症状があるか質問したり、しこりや皮膚の状態をみたり、触れたりして調べます。
画像検査の『マンモグラフィ』は、乳がん専用のレントゲン検査です、早期の乳がんは微細な石灰化が特徴で、マンモグラフィは、しこりとして自覚されない早期の乳がんを見つけることができる利点があります。『超音波検査』は、乳腺の発達した人などに対してマンモグラフィに追加する場合があります。
画像検査で、乳がんが疑われる場合には、細胞をとって検査する『細胞診』、組織をとって検査する『針生検』が行われます。細胞診は、良性か悪性かを予測する検査ですが、生検は、組織を採取するもので、ほぼ確定診断に至ります。
また状況に応じて、がんの広がりを調べる検査として、『超音波』、『CT』、『骨シンチグラフィ』などの検査を行うことがあります。
生検においても、採取するのは一部の組織であり、病気の全体を反映していない場合が考えられます。よって医師は、これらのいろいろな検査結果とあわせて総合的な判断を行います。最終的には、手術後の組織検査で診断が確定されます。


 
【生検とは】

『生検』とは、患部の一部を、針を刺して吸引したり、メスなどを使って切り取って、顕微鏡などで調べる検査のことです。生検と同じような意味で、『病理』という言葉が使われることもあります。この検査による診断を病理診断と呼び、細胞をとって診断する細胞診、組織をとって診断する組織診があります。また、手術中の迅速診断、手術で摘出された臓器・組織の診断も病理診断に含まれます。

手術で摘出された臓器・組織は、顕微鏡で病変の性質や広がりなどが調べられ、担当医に病理結果として報告されます。担当医はこの結果をもとに最終的な診断を行い、今後の治療方針の検討を行ないます。


 
【検査結果を聞くまでは】

検査結果を聞くまでは、つい悪い方へと考えがちになり、不安や心配は大きいと思います。この不安や心配は、結果がでるまで完全にとれることはありません。経過観察中の方は、次の検査が近くなれば、また検査と結果が気になるという繰り返しで、気持ちが晴れないとおっしゃいます。
気持ちの切り替え方ですが、結果が出るまではできるだけ気分転換をしたり、何かに気持ちを集中させたりして、検査結果のことは考えないようにしましょう。検査結果が問題なければ、“今回は大丈夫だった”と考えるより“次の検査までは大丈夫だ”と区切りを前に置いてみてはどうでしょうか。次の検査までの間の気持ちの持ちようが軽くなると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A