悩み

CT検査の造影剤の点滴でアレルギー(じんま疹)が出てから点滴なしとなったが、他に方法がないのか。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【気がかりな点を伝え、確認を】

CT検査を行う際に、体の状態をより正確に把握するために、造影剤というくすりを血管のなかに投与することがあります。造影剤は改良が進み、副作用が出る確率は以前にくらべると少なくなっていますが、可能性がゼロになったというわけではありません。
CT検査をできるだけ安全に行うために、検査の前には問診があります。これまでに造影剤を使った検査で副作用がでたことがある、アレルギー・けいれん・ぜんそくを経験したことがある、心臓や腎臓に病気がある、といった点に思い当たるようであれば、問診時に必ず伝えるようにしましょう。
問診の結果やこれまでに分かっているからだの状態に基づいて、担当医は、造影剤を使うCT検査を行うことが適切かどうかを判断します。場合によっては、必要な情報や検査のからだへの影響などを考えたうえで、造影剤なしのCT検査やほかの種類の検査を指示することもあります。
他に方法はないか、というお悩みですが、あなたは、『造影剤を使わないCT検査で必要な情報を得られるのか』、『検査は安全に受けられるのか』といったことを心配されているのではないでしょうか。
あなたの担当医は、おそらくそういった点に配慮した上で、造影剤を使わないCT検査を行う、という方法を選択したのだと思います。気がかりなようであれば、担当医や検査技師に確認してみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A