悩み

検査が苦痛だ。
6 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【検査を受ける理由を確認してみましょう】

検査の中には、つらい姿勢を保ったり、体を針などで刺したりするものがあります。
こういった体への直接的な負担のほかにも、時間やお金の面でも、患者さんに負担がかかることは避けられません。
医師にも、それがわかっています。そのため、あなたの医師は、病気の状態や性質を十分に検討して、“これだけはどうしても必要だ”と考えられる種類・回数の検査に絞って行うのです。
あなたが受けるように指示される検査は、それに先立って行われた検査の結果や、これまでの病状の経過から、“現在の体の状況を把握し、今後の治療の方針を決めるために、ぜひとも受けておいた方がよい”と医師が考えた検査なのです。
もし検査を受けることについて気になるようであれば、まずはその検査をどうして受ける必要があるのか、医師に理由や目的をたずねてみてください。きっと、納得のいく説明を聞くことができるはずです。任せきりにするのではなく、あなたの方から、積極的に質問する気持ちが大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A