悩み

毎日いろいろな検査をし、なぜこんなに検査をするのか悩み、結果をその都度教えてくれないことで心配になった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【疑問は確認しましょう】

毎日いろいろな検査を受けている状態というと、診断のための検査か、治療開始前の段階かもしれません。あるいは、今までになかった症状が出て、その症状が何から起こっているのかを特定しようとしているのかもしれません。

たとえば、1つの検査、あるいはいくつかの検査でがんの疑いがある場合、それが本当にがんなのか、がんだとしたらどのくらいの広がり方(病気の段階)なのか、どういう性質なのか、治療を実施するうえでからだの他の臓器の機能は問題ないのか、他の疾患がないかなど、様々な角度から検討していきます。
これらは、できるだけ正確に患者さんの現在の状況を把握していくために必要な過程です。ですから、担当医は、あなたに正確な情報を伝えるために、検査結果が出そろって総合的な診断ができるようになるのを待っているのかもしれません。

ただ、検査を毎日受けていると悪い方へ悪い方へと考えがちになってしまうこともあります。結果が気になるようでしたら、担当医に確認しましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A