悩み

定期的に検査をしてもらっているが、再発が見落とされるのではないか、もっと詳しく調べる方法はないのかと不安になる。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【検査について不安があれば、担当医に確認を】

検査を受けるときには、つらい姿勢を保ったり、食事を抜かなければならなかったりすることがあります。
検査によっては、細胞や組織を取るために、体に針などを挿入することもあります。また、レントゲン検査やCTでは、少量ではありますが、放射線を使うことになります。
あなたの担当医は、病気の性質や、これまでの病状の経過を十分に検討した上で、どのような検査を、どのくらいの頻度で受ければよいか、慎重に判断しています。
もし、検査の間隔や内容について気になる点があれば、担当医に質問してみましょう。


 
【再発の不安に向き合うために】

がんの再発そのものを完全に防ぐことができる薬や食べ物、生活習慣、気持の持ち方などは、現在まだ見つかっていません。
しかし、不安とどこかで折り合いをつけて、自分らしい生き方を探し出すことができている患者さんがたくさんいることも、事実です。
不安と折り合いをつける方法は、人それぞれ違います。これまでの人生を振り返って、大きな不安を乗り越えるときに、自分がどうしてきたか考えてみることで、ヒントが見つかるかもしれません。
それでももし、強い不安が頭から離れないときには、家族や信頼する友人に、気持ちを打ち明けてみてください。泣いてしまってもかまいません。
精神科医、心療内科医、心理療法士などのこころの専門家や、おかかりの医療機関の相談員、あるいはがん診療連携拠点病院の相談支援センターの相談員に相談してみるのもよいでしょう。
誰かに話をすることで、気持ちが楽になるはずです。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。相談支援センターの名前や問い合わせ先、対応時間などを確認でき、各施設の相談支援センター名を押すと、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A