悩み

検査で造影剤を注入する、薬害の不安がある。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【造影剤を使う検査】

CT検査などの普及とともに、造影剤の開発が進み、副作用はかなり少なくなりました。
造影剤を使うことで、体の状態をより正確に把握できるようになります。

検査の前に問診がありますので、これまでに造影剤で副作用がでた方、既往にアレルギーやけいれん、ぜんそくがある方、心臓や腎臓の病気をお持ちの方は、必ず伝えてください。医師は、検査を安全に行えるよう、造影剤を使うかどうか、造影剤の種類・量などを検討します。
検査中、医療スタッフは操作室から患者さんを見守っています。変わったことがあれば、ためらったり、我慢したりせずに伝えてください。
また造影剤は、尿となって体から排泄されます。検査後は、造影剤を体から早くだすために、水分を多く摂るようにしてください。

医師は、不必要と考えられる検査は行わないようにしています。検査による放射線や薬の影響よりも、利点のほうが大きいと判断して行っています。心配なことがあれば、担当医または放射線技師にお尋ねください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A