悩み

自分にはどの代替療法がよいのか悩んでいる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【代替療法とその種類】

私たちは西洋医学の考え方に基づいた医療を病院で受けています。手術療法、化学(抗がん剤)療法、放射線療法を中心とする通常行われているがん治療も、この中に含まれます。
これに対して、『代替療法』と言われている「薬」や「治療」もあります(効果が証明されていない、という意味で括弧つきで表記しています)。
一般的に『代替療法』と言われるものには、二種類あります。一つは、標準的な治療を受けながら、生活の質を上げるために行う『補完療法』です。もう一つは、がんを治療するために、標準的な治療に代わって行う、『狭義の代替療法』です。
代替療法には、漢方薬、気功、鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティックなどのほか、いわゆる民間療法、健康食品、サプリメントも含まれます。わが国では、アガリクス、プロポリス、メシマコブ、サメ軟骨などの食品が、特にがんと関連づけながら宣伝されることが多いようです。


 
【がんの患者さんと代替療法】

健康の自己管理やインターネットの普及によって、代替療法の利用者が増えていると言われています。がんの患者さんについては、ほぼ二人に一人が、何らかの代替療法を使用している、という近年のデータもあります。
患者さんの多くは、がんの進行を抑えたり、がんを治したり、がんの症状を和らげたりすることを目的に、代替療法を使うようです。
しかし、残念ながら、がんの進行を抑えたり、治したりするということについて、代替療法の有効性を示す結果が出たことは、これまでのところありません。
一方、『不安、悪心、リンパ浮腫に対するマッサージ』など、つらさを和らげたり、こころの支えになったりする点では、代替療法は有効的な場合もあります。
つまり、代替療法は、あくまで本来の有効的な標準的治療(科学的に有効性と安全性がはっきりと証明されている最新の治療)の補助と考えた方がよいのです。
代替療法を行うことで、標準的治療を受ける時期が遅くなってしまったり、標準的治療を受ける機会を失ってしまったりすることは、避けなければなりません。


 
【代替療法に何を期待しているか、考えてみる】

もしがんそのものを小さくしたり、治したりすることを、代替療法に期待しているのであれば、もう一度、考え直してみる必要があります。
これまで行われた信頼できる研究では、代替療法が、がんの縮小や治癒に関して、通常の治療(手術、抗がん剤、放射線)よりも優れた効果を上げたことは、残念ながらありません。
テレビ、雑誌、インターネット等では、ある代替療法の効果を、試験管内での実験や動物実験で確認しただけで、人に対しても有効的であるかのような紹介のされ方をすることもあるので、注意が必要です。
また、症状の改善が、代替療法の利用者の体験談として紹介されることもよくあります。しかし、病気や体質は人それぞれです。このような体験談があなた自身の症状にその代替療法が効果があることを示す根拠にはなりません。
その一方で、代替療法は、つらさを和らげたり、こころの支えになったりする点では、役に立つこともあります。


 
【代替療法をためす際の注意点】

代替療法の安全性は、慎重に判断しましょう。
代替療法は、通常の医療行為や薬剤のように厳密な審査を受けないため、体に負担をかけてしまうサービスや、品質が不安定な食品も、なかには含まれています。
「天然の原料を使っている」、「昔から使われてきた」ということだけでは、安全であるとは言い切れません。
代替療法は「体にやさしい」と思われがちですが、副作用や弊害が出ることはあります。体質、健康状態、使う量によっては、かえって健康を損なうこともあるのです。
もう一つ、気をつけなければならないことは、代替療法を使うことで、標準的治療(科学的に有効性と安全性がはっきりと証明されている最新の治療)がおろそかになってしまう危険性です。
また、組み合わせによっては、代替療法が標準的治療のじゃまをすることがあるので、担当医に相談することが大切です。


 
【代替療法の費用】

代替療法のなかには、かなり高額な費用がかかるものもあります。値段が高ければ、効果も高いようについ思ってしまいがちですが、必ずしもそうではありません。
代替療法の多くは、使用上の注意や分量の目安があいまいです。そのため、「使えば使うほど、効果が上がるのではないか?」と考えて、たくさんの種類、量を使ってしまい、結果的に出費がかさむこともあります。
また、代替療法を扱う業者のなかには、いたずらに不安をあおったり、強引に勧誘したりする、悪質な業者もあるようです。
代替療法の費用や契約に関して、気になること、困ったことがあれば、地域の消費生活センターや市町村の担当窓口にお問い合わせください。


 
【代替療法を使う前に、必ず担当医に相談を】

代替療法をためす前に、担当医に必ずそのことを伝えて、意見を聞いてみてください。
健康食品の中には、抗がん剤の効果を弱めたり、薬が体から排泄されるのをじゃましたりするものもあります。また、がんの性質や、がんの治療状況によっては、代替療法によって、かえって体調が悪化することもあります。
その代替療法が、本当にあなた自身のためになるものなのかどうか、担当医にぜひ確かめてみてください。
また、代替療法を試してみたい、という気持ちに自分がどうしてなっているのか、担当医に話してみましょう。もしそれが、今受けている治療法に関する不満や不安、がんの痛み、つらさが原因であれば、担当医はあなたにとって本当によい解決方法は何か、提案してくれるはずです。
代替療法について、包み隠さず相談することは、担当医との間で、きちんと信頼関係を築いていくことにつながります。


 
【代替療法を考えるときの目安】

代替療法を考えるときには、それがどんな利益をあなたにもたらすのか、あなたにとって損になることはなにか、慎重に考えてみましょう。
その際、目安として、少なくとも以下のような代替療法は、避けた方がよいと思われます。
◎ 内容があまりにも非科学的なもの
◎ 高額なもの
◎ 副作用があるもの
◎ ほかの治療法を一切否定するもの
◎ 体力を消耗するもの


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。
(2)「統合医療」情報発信サイト
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省の事業の一つで、民間療法などを含む補完代替療法とどのように向き合い利用したらよいかを考えるために、根拠に基づいた情報を紹介しているサイトです。『統合医療の定義』、インターネットやマスメディアの健康・医療情報の見極め方、関連する冊子や資料、海外の情報などがあります。
『関連する冊子や資料』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』などの冊子PDFがあり、閲覧・ダウンロードできます。
(3)独立行政法人 国立健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nih.go.jp/
健康食品の『基礎知識』、『被害関連情報』、『話題の食品・成分』の科学情報、健康食品の『素材情報データベース』などがあり、効果や副作用、科学的検証の状況などを確認することができます。
また、基礎知識にある『行政機関発行のパンフレット集』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』や『健康食品の正しい利用法』、『これから健康食品を利用しようと考えているあなたへ』、『健康食品ウソ?ホント?』などの冊子PDFを閲覧したりダウンロードしたりできます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A