悩み

免疫を高めるため色々な健康食品を飲んだり食べたりしているが、果たしてそれでいいのだろうか悩んでいる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【民間療法や健康食品について】

民間療法、健康食品、サプリメントなどの中には、『がんを治す』、『がんの進行を抑える』などの効果をうたったものがあります。けれども、科学的に厳密な研究によって、これら民間療法等に、がんを治したり、がんの進行を抑えたりする効果が認められたことは、これまでにありません。


 
【補完代替療法について】

民間療法、健康食品、サプリメントは、漢方薬、気功、鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック(脊椎指圧療法)などと合わせて、『補完代替療法』と呼ばれることがあります。これは、病院等で行われる通常の医療を補うように(補完)、または取って代わるように(代替)使われるもの、という意味です。
補完代替療法の中には、通常のがん医療の補助として、病気や治療のもたらす体やこころのつらさをやわらげる、という点では、ある程度の効果を発揮する場合もあります。たとえば、薬物療法の吐き気やおう吐に対する鍼灸、不安に対するマッサージなどです。ただし、つらさをやわらげる目的であっても、状況によっては、補完代替療法がかえって体に悪い影響をもたらすこともあるので、担当医にまず相談してみることが大前提になります。


 
【担当医に相談する】

健康食品やサプリメントを使う時には、必ず事前に担当医に相談するようにしましょう。
健康食品やサプリメントは、一般的には『体に良いもの』と思われていますが、副作用があったり、安全性が確かめられていなかったりする場合も少なくありません。状況次第では、あなたの体に害を及ぼしたり、あなたが担当医から受けている治療が効果を発揮するのを妨げたりすることもあるのです。
健康食品やサプリメントと同様に、民間療法、漢方薬、気功、鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック(脊椎指圧療法)などを試す時にも、必ず事前に担当医に相談するようにしましょう。

担当医に相談する時には、内容が具体的に伝わるように、健康食品等の情報が載っているホームページを印刷したり、本や雑誌をコピーしたりして、外来の際に持参すると良いでしょう。
健康食品等に対する医師の考え方には幅があります。“こころの支えになるならば”と考えて、健康食品に寛容な医師もいます。一方で、健康食品等に潜む未知の危険から、患者さんの体を守ることを重視して、否定的な態度をとる医師もいます。
ただ、健康食品等を試すことを思いたったあなたの気持ちの裏側には、“今受けている治療だけで本当に良いのだろうか?”という疑問や、先行きに関する不安があるのではないでしょうか。担当医と相談する中で、そういったあなたの悩みを打ち明けることができれば、担当医と一緒に解決方法を考えていくことができるかもしれません。


 
【健康食品などを試す際の注意点】

1.安全性
○健康食品やサプリメントは、通常の薬剤のように厳密な審査を受けない。体に負担をかけてしまうもの、品質が不安定なものも含まれる。
○「天然の原料を使っている」、「昔から使われてきた」ということだけでは、安全であるとは言いきれない。

2.がん治療への影響
○通常のがん治療への影響が研究されているのは、健康食品や民間療法の中のごく一部である。
○研究された健康食品等の中には、抗がん剤の効果を弱めたり、薬の排泄を妨げたりして、通常のがん治療が本来の効果を発揮できなくさせるものもあるといわれている。

3.費用
○値段が高ければ、効果も高い、というわけではない。
○健康食品やサプリメントの多くは、使用上の注意や分量の目安があいまいである。
“使えば使うほど、効果が上がるのではないか?”と考えて、たくさんの種類、量を使い、結果的に出費がかさむこともある。
○悪質な勧誘を受けた際には、地域の消費生活センターに問い合わせる。


 
【周りから民間療法を勧められて困ったとき】

あなた自身は希望しないのに、周りから民間療法や健康食品を勧められて、困ることがあります。あなたに民間療法等を勧めてくれた方は、本や雑誌で目にとまったり、日頃からその方が使っていて体にいいと感じていたりするものを、善意から勧めてくれるのかもしれません。その気持ち自体は嬉しいものですが、だからこそ無下に断ると角が立ちそうで、悩むことがあります。

大切なことは、体や病気の状態は、人それぞれで異なる、ということです。たとえ、ある人には効果が感じられた民間療法等であっても、あなたに向いているかどうかはわかりません。

もし、周りから民間療法等を勧められて悩むようであれば、「自分の病気に合うかどうかわからないから、先生に聞いてみてからにする」と話してみてはどうでしょうか。それでも、もし勧めが続くようであれば、「気持ちは嬉しいけど、病気についてのことは自分で決めたいから、そっとしておいてほしい」と、自分の気持ちをはっきりと伝えることも大切です。

厚生労働省の研究グループが作成した『がんの補完代替医療ガイドブック』という冊子がインターネットでダウンロードできます。この冊子は、民間療法等について考えたり、勧めてくれた人に自分の考えを説明したりする時に役立つと思います。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。
(2)「統合医療」情報発信サイト
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省の事業の一つで、民間療法などを含む補完代替療法とどのように向き合い利用したらよいかを考えるために、根拠に基づいた情報を紹介しているサイトです。『統合医療の定義』、インターネットやマスメディアの健康・医療情報の見極め方、関連する冊子や資料、海外の情報などがあります。
『関連する冊子や資料』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』などの冊子PDFがあり、閲覧・ダウンロードできます。
(3)独立行政法人 国立健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nih.go.jp/
健康食品の『基礎知識』、『被害関連情報』、『話題の食品・成分』の科学情報、健康食品の『素材情報データベース』などがあり、効果や副作用、科学的検証の状況などを確認することができます。
また、基礎知識にある『行政機関発行のパンフレット集』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』や『健康食品の正しい利用法』、『これから健康食品を利用しようと考えているあなたへ』、『健康食品ウソ?ホント?』などの冊子PDFを閲覧したりダウンロードしたりできます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A