悩み

がんに効くとされる健康食品が新聞やテレビなどで紹介されているが、惑わされやすい心理状態にあるので、こうしたものについてはっきりと知りたいと思う。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【健康食品を使うときの注意】

健康食品の中には、新聞やテレビに広告を出し、すばらしい効果を持っているかのように宣伝されているものもあります。
しかし、健康食品はあくまでも食品であり、がんを治したり、がんの進行を抑えたりする効果を科学的に証明されたものではありません。
場合によっては、健康食品は、一般的な治療法を受けるあなたの『こころの支え』になる可能性もあると思います。
その一方で、あなたの体調や治療の状況次第では、健康食品を利用することで、かえって健康を損ねてしまうこともあります。天然の原料を使っている、昔から使われてきたということだけでは、安全であるとは言い切れない、ということにも注意してください。
健康食品を試す時には、かならず担当医に相談してみましょう。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。
(2)「統合医療」情報発信サイト
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省の事業の一つで、民間療法などを含む補完代替療法とどのように向き合い利用したらよいかを考えるために、根拠に基づいた情報を紹介しているサイトです。『統合医療の定義』、インターネットやマスメディアの健康・医療情報の見極め方、関連する冊子や資料、海外の情報などがあります。
『関連する冊子や資料』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』などの冊子PDFがあり、閲覧・ダウンロードできます。
(3)独立行政法人 国立健康・栄養研究所:「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nih.go.jp/
健康食品の『基礎知識』、『被害関連情報』、『話題の食品・成分』の科学情報、健康食品の『素材情報データベース』などがあり、効果や副作用、科学的検証の状況などを確認することができます。
また、基礎知識にある『行政機関発行のパンフレット集』には、厚生労働省の研究グループが作成した冊子『がんの補完代替医療ガイドブック 第3版』や『健康食品の正しい利用法』、『これから健康食品を利用しようと考えているあなたへ』、『健康食品ウソ?ホント?』などの冊子PDFを閲覧したりダウンロードしたりできます。

 
【誰が、どのように情報を出しているか、確かめましょう】

健康食品の紹介を見聞きするときには、誰が、どのような形で情報を発信しているか、確かめてみてください。もしそれが、以下のようなものであれば、特に注意してください。

1. 特定の商品の宣伝や、それに近い情報発信
新聞や雑誌に掲載される健康食品の宣伝広告は、読み進めるうちに思わずその効果を確信してしまうような、たくみな文章で書かれます。また、一見、ある健康食品の効果を中立的に紹介するように見せている書籍の場合も、巻末に特定の商品の取り扱い業者の連絡先を書いたり、商品のチラシを折り込んだりしているようなものについては、宣伝に準ずる情報発信と理解して、注意深く読んでください。

2. 臨床試験以外の結果の強調
ある健康食品のがんに対する治療効果について、試験管内での実験や動物実験で確認しただけで、人に対しても有効的であるかのような紹介のされ方をすることがあります。このような情報は、一見科学的ですが、人のがんに対する効果は、あくまでも人を対象にする臨床試験でしかわかりません。

3. 個人的な体験談
健康食品を紹介する書籍の中の体験談については、執筆者の創作であることが明らかになり、問題になったことがあります。わかりやすい言葉で書かれた体験談には共感を覚えますが、信頼性を確認しにくい場合が多く、注意が必要です。また、知人から健康食品を勧められて、その方の体験談を聞くこともあるかと思いますが、体質や病気の状況は人によって差があります。その方の体に合った健康食品が、あなたにも必ず同じ効果を発揮するわけではありません。


 
【担当医や相談員に相談してみましょう】

あなたが健康食品を試してみたい気持ちになっているのは、なぜでしょうか。
もしかすると、あなたは現在の治療法に対して説明不足や心細さを感じ、どこか納得しきれていないのかもしれません。あるいは、病気の進行に対する不安や、痛みなどの体のつらさといった悩みをお持ちなのかもしれません。
もしそうなのであれば、健康食品を利用する前に、担当医に正直に相談してみてください。相談することで、担当医の方からあなたの悩みを解決するための方法を示してくれるのであれば、それにまさることはありません。
もし、いきなり担当医に話をするのに気おくれを感じるのであれば、まずはおかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。ソーシャルワーカーや看護師が務める相談員には秘密を守る義務がありますので、安心してご相談ください。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A