悩み

再発において西洋医学には限界があると言われるが、代替医療に託していいのか迷った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【代替療法はあくまでも補助的なものと考える】

私たちは通常、西洋医学の考え方に基づいた医療を、病院で受けています。手術療法、化学療法、放射線療法を中心とする一般的ながん治療も、この中に含まれます。
これに対して、『代替療法』(代替医療)と呼ばれるものには、漢方薬、気功、鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック、健康食品、サプリメント、いわゆる民間療法などが含まれます。
まず、きちんと理解しておかなければならないことは、がんの再発を抑えるという点について、科学的に厳密に行われた研究によって、代替療法の有効性を示されたことは、これまでにない、ということです。
代替療法は、あくまでも、一般的ながん治療(手術療法、化学療法、放射線療法)の補助と考えてください。あなたのこころの支えになることは、あるかもしれません。
ただし、一般的ながん治療さえ受ければ、どんな代替療法でも行ってよい、というわけではありません。代替療法の中には、並行して行う治療や、あなたの体調次第では、大きな問題を引き起こしてしまうものもあります。
代替療法を使う時には、一般的ながん治療をきちんと受けるだけでなく、専門的な知識を持ち、あなたの体の状態をよく知っている担当医に、事前にきちんと相談する、ということが大前提となります。


 
【悩みを打ち明けてください】

代替療法に対する医師の考え方には幅があります。
あなたのこころの支えになるということを重視して、補完代替療法の使用に寛大な医師もいます。逆に、危険からあなたの体を守ることを重視して、否定的な態度を取る医師もいます。
ただ、いずれにしても大切なのは、悩みを打ち明けることです。
あなたが補完代替療法を使いたい、と考えた背景には、現在の治療法に対する不満、病気の進行に対する不安、痛みなどの体のつらさなど、きっと何か、未解決の悩みがあるはずです。
もしあなたが、そういった悩みから、補完代替療法を使いたい、と思い至ったのであれば、一度その悩みを、担当医にきちんと相談してみてください。
きちんと相談することで、担当医の方から、あなたの悩みを解決するための方法を示してくれるのであれば、それにまさることはありません。
もし、いきなり担当医に話をするのが、どうしても敷居が高いように感じるのであれば、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。場合によっては、担当医とあなたとの間で、上手に橋渡しをしてもらえることもあるはずです。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。相談支援センターの名前や問い合わせ先、対応時間などを確認でき、各施設の相談支援センター名を押すと、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A