悩み

糖尿病のため手術延期と言われた時、手術ができないのではないかと心配した。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【血糖のコントロールを行う】

糖尿病の患者さんが手術を受けるとき、術前にきちんと血糖のコントロールがされていなければなりません。血糖値が高いと、手術創の治りが悪かったり、感染症にかかりやすくなったりするからです。
そのため、血糖がコントロールできていなかったり、術前の検査で糖尿病と分かったときには、手術を延期して、血糖が落ち着いてから行います。

糖尿病の飲み薬で治療していた場合、手術の少し前から、一時的にインスリンの注射に変更することがあります。また手術後に、絶食やストレスによって血糖値が高くなることがありますが、適宜、血糖値を測り、適切に治療していきます。
糖尿病の患者さんは、日頃から、良好な血糖のコントロールを維持しておくことが大切でしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A