悩み

外科手術が困難と言われ、放射線と抗がん剤の治療で果たして治るのかと悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ともに治療に取り組む】

治療は、どんながんの、どんな時期でも効果があるわけではありません。一般に利点が大きいと言われている治療でも、その人のがんには適さない場合もあります。
医師は、がんの進み具合や臓器の状態、また患者さんのからだ全体の状況などを十分考慮したうえで、可能な治療方法を説明します。提示される治療がひとつであっても、良い効果が期待できる場合もあります。治療法を2つ提示されたとしても、実際に受ける治療はどちらか1つです。
受けたあるいは、受けている治療が、その時点で、1人ひとりにあった唯一の治療といえるのではないでしょうか。決断するとき、また決断したはずの治療でも治療が進むなかで副作用が出たりして、気持ちがまとまらないときには、担当医からきちんと説明を受けることが大切だと思います。分からない点や疑問があれば質問しましょう。患者さんと医療者がともに治療に取り組むことで、その人らしく生活することができると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A