悩み

自己血輸血のために採血したが、1回目に血圧が下がってしまい、今後大丈夫かと思った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【自己血輸血】

輸血には、献血による血液を使うほかに、患者さん自身の血液を使う「自己血輸血」と呼ばれる方法があります。自己血輸血は、自分の血液を輸血するため、理論的に最も安全、つまり輸血の副作用・合併症の大部分を避けることができると考えられています。
自己血輸血は、通常、手術までの期間に余裕があり、患者さんの全身の状態が良好な場合に行われます。すべての患者さんに実施できるわけではありませんので、担当医にご相談下さい。
またお悩みの方のように、採血時、血圧低下などが見られる場合もあります。採血中、何かあった場合に早期に対処するため、血圧測定などの観察を行います。状況に応じて、採血する量を減らす場合もあります。
患者さんには、気分不良などがあれば早めに知らせる、からだの力を抜いてリラックスすることを心がけていただくとよいと思います。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A