悩み

全身麻酔での手術で何か問題が起こらないかと心配した。
10 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【麻酔科医から説明を聞く】

全身麻酔をすることで、意識をなくし、痛みや反射を防いで、手術を行うことができます。
麻酔薬が投与されると、次に患者さんの目が覚めるのは手術が終わった時ですが、麻酔科医は手術中、患者さんの側にいて、安全に手術が進むように、麻酔の深さ、血圧、体温、脈拍、呼吸、出血量などを管理しています。
全身麻酔には、安全性の高い麻酔薬が使われていますし、患者さんの体の状態を把握する医療機器も進歩しています。麻酔が原因で、重大な合併症や後遺症が起こることはまれで、非常に安全になってきています。
不明な点については、担当医や看護師にご相談いただくか、手術に先立って、麻酔科医の診察があるので、その際にご質問ください。最近では、患者さんやご家族に、麻酔についてよく知っていただくために、分かりやすい説明文書を活用している病院も増えています。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A