悩み

自覚症状がないのになぜ手術が必要なのだろうかと悩んだ。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【気持ちを整理したり、病気について理解したりする】

早期のがんではほとんど自覚症状はみられません。また、がんの一症状と言われているものは、他の良性の病気でもみられることがあるので、症状だけでは診断できず、いくつかの検査を組み合わせて診断します。

病院受診、検査、診断、初めての治療までの間は、比較的短い時間のうちに、次々と新たなことが押し寄せてくる感じがあり、それらに対処するだけでも大変だと思います。気持ちを整理したり、病気について理解したりする余裕は少ないかもしれませんが、現状を確認しておくことは、これから先の不安の軽減につながるでしょう。


 
【治療に対して不安があれば納得・理解のために行動する】

治療方法や治療に伴うつらさなどへの不安や悩みがある場合、その根底には治療への理解が不十分であったり、未知の事柄への漠然とした不安があったりということがあります。
そこで、納得いくまで担当医にわからない点を確認したり、がんや治療方法について書かれた本を読んだり、インターネットで調べたりしてみましょう。
担当医に確認する際には、外来などでは時間も短いため、効率的に確認できるように、わからない点、もう一度説明してほしい点などを整理してメモ書きにしておき、そのメモを見ながら、あるいは担当医に渡しメモに沿って説明を聞くなどの工夫をしてみましょう。
インターネットや本で調べる際には、その情報が信頼できる情報かどうか気をつける必要があります。また、あらかじめ、自分のがんがどういう性質なのか、病期(病気の段階、ステージ)はどうなのかをよく理解した上で調べる必要があります。がんの性質や病期によって、適切な治療が異なる場合がありますので注意が必要です。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:それぞれのがんの解説
http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
国立がん研究センター『がん情報サービス』の『それぞれのがんの解説』で、がんの部位別に、基礎知識、診療の流れ、検査・診断、治療、生活と療養、転移・再発などの情報があります。
(2)がん情報サイト ::PDQ日本語版(米国国立がん研究所のがん情報サービス)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『がん用語辞書(PDQ』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 
【質問の具体例】

例えば手術のとき、担当医に次のようなことを確認してみましょう。

○ がんがあるのはどの場所で、どのぐらいの大きさか
○ 転移しているか
○ 手術では、どのぐらい切除するのか
○ 期待される治療の効果は
○ 他の治療法はあるか
○ 手術による合併症、機能障害が起こる可能性は
○ 手術後の痛みとその対処法は
○ リハビリ開始時期、退院の目安は
○ 今後の日常生活にどういう影響が考えられるか


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A