悩み

化学療法及び放射線治療の時の副作用が苦しくて、二度と同じことはしたくないと思った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療を拒んでしまう気持ちを担当医や看護師に伝える】

治療を受けた時につらい経験をしてしまうと、次に治療を受けるための気持ちがくじかれてしまうことがあります。頭の中ではその治療が必要だということを理解し、受け入れようとしても、体が条件反射的に拒んでしまう、ということもあります。
つらい体験から治療を拒んでしまう今の気持ちを、無理に抑え込んだり、否定したりする必要はありません。どうしても治療に積極的になれない時には、その思いをまずは担当医や看護師に率直に伝えてみましょう。つらさをやわらげる工夫を試すことができるかもしれません。
また、具体的な改善をすぐに行うことが難しい場合でも、あなたの悩みをきちんと理解し、つらさをわかってくれる人がそばにいることを感じるだけでも、心強いものだと思います。


 
【これからの治療を受ける時に心がけたいこと】

今後のこととして、何か治療を受ける際に“つらい”と感じた時には、つらさが限界まで高まる前に、担当医や看護師にそれを伝え、早目早目に対策をとってもらうようにしましょう。
患者さんの中には、『良い患者』であろうとして、“この程度の痛みや苦しみは、我慢しなければいけない”と思い込んでいる方も少なくありません。しかし、つらい時には、「つらい」と口に出して伝えてもらった方が、医療者も対応がとりやすいのです。
医療は、『病気を治す』ことに加えて、『患者さんのつらさをやわらげる』という点でも進歩しています。あなたからの意思表示があることで、具体的な対策をとることができることもあるのです。
遠慮せず、勇気を出して、自分の気持ちを積極的に伝えていくようにしましょう。


 
【こころの専門家に相談していいの?】

患者さんの中には“何とか自分で乗り越えなきゃ”“もっとひどい人が相談するんだろうな”と思われている方がいるかもしれませんが、こころの専門家に相談することをためらう必要はありません。
精神科、心療内科などを標榜している病院には、こころの専門家がいます。他にこころの専門の教育・研修を受けた、臨床心理士、リエゾンナース(精神看護専門看護師)といった多職種が、がん患者さんやご家族のこころのケアに携わっています。がん患者さんの心のケアを行う専門の科として、精神腫瘍科を設けている病院もあります。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A