悩み

薬物療法について不安がある。
3 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【それぞれの患者さんで治療は異なります】

同じ病名であっても、病気の状態(がんの進行度、場所など)、合併症の有無などによって、治療は異なります。

標準となる診療の指針として、臨床試験や臨床研究の結果に基づき、有効性が確認された『診療ガイドライン』が作成されています。ガイドラインに示されている治療の適応や種類と、個々の患者さんの体の状態や生活の質(QOL)も合わせて、スタッフの間で検討します。


 
【治療に関して不安があれば、納得・理解のために行動する】

治療法や治療に伴うつらさなどへの不安や悩みがある場合、その根底には治療への理解が不十分であったり、未知の事柄への漠然とした不安があったりします。
そこで、納得いくまで担当医にわからない点を確認したり、がんや治療法について書かれた本を読んだり、インターネットで調べたりしてみましょう。治療法については、期待できる効果、副作用、起こりうる合併症、他の治療法と比べたときの利点や欠点などをまずよく理解することが大切です。


 
参考になるホームページ
(1) Minds(マインズ)ガイドラインセンター:診療ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/n/top.php
公益財団法人 日本医療機能評価機構が運営する医療情報サービスで、診療ガイドラインが掲載されています。
一般向け情報と医療提供者向け情報に分かれていて、一般向け情報のほうが絵など入っていてわかりやすい内容です。疾患グループや対象器官系などで検索できます。それぞれ<カテゴリー別>で、[がん全て]を選択すると、がん関連のガイドラインの解説、リーフレット、Q&Aなどをリストで確認できます。
(2) 国立がん研究センター がん情報サービス:それぞれのがんの解説
http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
国立がん研究センター『がん情報サービス』の『それぞれのがんの解説』で、がんの部位別に、基礎知識、診療の流れ、検査・診断、治療、生活と療養、転移・再発などの情報があります。
(3) 国立がん研究センター がん情報サービス:診断・治療
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/index.html
がん情報サービスの『診断・治療』には、がんの基礎知識、がんの診断や各種治療方法など総論の情報があります。放射線療法だけではなく、薬物療法、健康食品など代替療法等の情報もあります。また、『治療を受けるときに注意したいこと』、『くすりの使い方と注意点』、『リハビリテーション』、『臨床試験について』などの情報もあります。
(4) がん情報サイト
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『がん用語辞書(PDQ』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要約』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 
【抗がん剤の副作用について】

抗がん剤治療の主な副作用として、吐き気やおう吐、脱毛、便秘や下痢、食欲不振、しびれなどが挙げられます。白血球や血小板の低下や貧血等の骨髄抑制は、自覚症状が乏しく、血液検査から把握します。臓器(肝臓や腎臓、肺、心臓など)などの影響についても、検査を行ない判断します。
ただ、これらの副作用は抗がん剤の種類によって、起こるものと起こらないものがあります。また、同じ抗がん剤を使用していても、副作用の出方には個人差があります。

患者さんが特につらく感じるのは、脱毛、吐き気やおう吐、食欲不振、倦怠(けんたい)感などが多いようです。これらは、時期がくれば落ち着いてきます(ただし、脱毛は治療開始後2~4週目頃から起こり、治療を何コースか繰り返すために回復が間に合わず他の副作用に比べて長期に感じられますが、最終的には全治療が終了すれば生えてきます)。


 
【ホルモン療法の副作用について】

ホルモン療法により、女性ホルモンの働きを妨げるので、更年期様症状などの副作用があります。主な症状として、ほてり・のぼせ、発汗、体重増加、膣の乾燥、帯下(たいげ)の変化、関節のこわばり、関節痛、うつ状態などが挙げられます。


 
【治療による様々なつらさをやわらげる対応がある】

治療は痛みを伴ったり、発熱や吐き気や食欲不振が出たりと様々な副作用があります。これらの副作用に関して、担当医、看護師はできるだけ患者さんのつらさが少ないように対応していきます。つらいことがあれば、きちんと伝えることも大切です。
治療は、患者さんと医療者との協働作業です。伝えることで、より適切な対応を行うことができます。


 
【薬の副作用が強いとき】

抗がん剤やホルモン療法などの薬物療法を受け、薬が体内に入ると様々な作用が起こります。多くの薬は、作用が1つではなく、治療目的に合う効果と、それ以外の副作用があります。
薬の量や使い方、患者さんの個人差によって、効果・副作用の現れ方は異なってきます。
副作用が強い時には、担当医の判断で、薬の量を調整したり、薬を中止する場合があります。薬を患者さんに使用する際、その患者さんにとって、安全で、効果があるかということを第一に考えるためです。
患者さんの体の状態や、治療の目的は一人ひとり異なります。不明な点があれば、担当医に質問して、疑問を解決するようにしましょう。


 
【具体的な目標をみつける】

治療に関して不安を覚えたり、ご自分の未来を思いつらくなったりしても当然かもしれません。気分が落ち込んでいる時には、さらに悲観的な方に物事を考えたり、過去のつらい体験を思い出したりするものです。
ただ、気持ちを切り替えることも大事なことだと思います。


 
【つらい気持ちを抱え込まない】

とてもつらい時、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを聴いてもらうことも、気持ちを楽にします。一人で、つらさを抱え込まないで、周囲の人に話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。
また、口にしなくても、ふっと自分を心配し気遣う周囲の人々の思いが感じられた時、一人ではないと感じて温かい気持ちになれたり、そんな時間がほんの少しでも気持ちを楽にしてくれると思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A