悩み

放射線治療終了後の治療について、薬を使う予定だが、外科の医師との話がまだなので先の治療方法についてはっきりせず不安だ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【理由を整理して、理解する】

私たちは、通常、何か目的をもって考えたり行動したりしています。仕事や家事をする時でも、これをして、あれをして、と考えながら行っていると思います。
一方、がんという診断がついていながら、あるいは治療が途中まで進んでいながら、空白の時間が生じると、落ち着かない気持ちになっても当然かもしれません。
ただ、実際には、止まっているだけの理由があるはずです。

放射線治療終了後、薬を使う予定だけれども、外科医との話がまだで治療法がはっきりしないというのは、あなたのがんの性質や状況に合わせた薬を検討して決めていくために、様々なデータが揃うのを待っているのかもしれません。これは適切な治療を行うために大切なことです。

そこで、今自分ができることを考え行ってみましょう。
たとえば、
○食事は栄養のバランスに気をつけてできるだけ規則的にとる
○7時間は睡眠をとる
○毎日30分ウォーキングをする(病気の状況や体力に応じて、活動の程度、時間を調節してください)
などです。
また、1週間ごとに小さな目標を立てても良いでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A