悩み

がんの発生箇所が難しく、余命半年の可能性と言われたことで、何をどうすればベストか悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【情報の確認】

診断の初期、医師が今後のことをお話するとき、限られた情報のなかで、最悪の見通しと最良の見通しを告げることがあります。この際、患者さんやご家族には最悪のものだけが記憶に残ってしまうことがあります。


 
【治療の確認】

担当医にどういう治療が標準治療として行われているのか、自分の場合はどの治療が適応となるのか、きちんと確認してみましょう。


 
【予後について】

予後に関しては、あくまで「可能性」であるということ、予後は平均的なものであるということも理解しておきましょう。


 
【つらさを一人で抱え込まない】

一番大切なことは「自分はどうしたらいいのだろう」ということです。ベストを決めるのは自分自身です。
ただし、同時に覚えておいていただきたいのは、あなたは一人ではないということです。あなた自身に何が一番良いかを決めていただくために、周囲のさまざまな立場の方が少しずつ支えてくれます。ご家族や友人、同じ病気の仲間、医師や看護師などの医療スタッフ、職場の同僚、そういう人達があなたの必要とする時に手助けしてくれるはずです。
不安や動揺、迷いから、自分自身で決めることができない時、あなたがこころを開いて話せる人に、ご自分のいろいろな気持ちを含めて話してみましょう。話をしていく中で、少しずつ自分の気持ちの整理ができることもあります。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A