悩み

抗がん剤に体力がついていけるか不安がある。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【副作用症状があれば伝える】

抗がん剤治療の副作用症状が出た場合、大切なことは、どういった副作用症状が、どのように起きているか、ということを、担当医に伝えて、対策を考えてもらうことです。
抗がん剤治療の副作用症状については、様々な対策が行われるようになっています。『抗がん剤治療を受けているのだから、副作用症状が出るのは当たり前…』と自分で思いこむのではなく、あなたの方から、どういったことでつらいか、担当医に伝えてみてください。悩みを軽減するための方法があるかもしれません。

最近では、通院で抗がん剤治療を行うケースも増えています。病院の外にいる間、どういう状況だったかは、あなたの方から担当医に伝えていくことになります。
そのためには、『治療日記』をつける、という方法があります。いつ、どのような副作用症状が出たか、ノートに記録をつけておいて、外来を受診する前にメモにまとめておけば、短い時間でも要領よく悩んでいることを伝えることができます。
また、『治療日記』には、どうすればその副作用症状がやわらいだか、ということや、姿勢、食事、睡眠、その日の活動などをあわせて書くようにすると、自分の体調管理にも役立ちます。どんな時に症状が出やすいか、どうしたら早く回復するかが分かってくると、自分なりの対策も立てられるようになっていくでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A