卒業生のメッセージ

卒業生からのメッセージ

皮膚・排泄ケア

1期生 静岡がんセンター

H21.6に、病院立として初めてである静岡がんセンターの認定看護師教育課程、皮膚・排泄ケア分野を受講し、H22年度より認定看護師として自施設である大腸外科病棟で勤務し、活動をしています。授業では、がん医療の最前線で活躍する医師や各施設の認定看護師から高度な教育を受けることができました。その学びを活かし、毎日充実した日々を送っています。また同期とは、よき理解者であり、心の支えであるかけがえのない仲間です。

2期生 静岡がんセンター

同じ志を持った仲間と一緒に学び、楽しいことも辛いことも共有し支えあい切磋琢磨した7か月間すべてが大事な思い出です。他の2分野の研修生とも一緒に学ぶことができ、多くの刺激を受けました。
--------------------------------------------------
まさか、この年で学生気分を味わえると思わず新鮮な気持ちで講義を受けることができました。同じ目標 を持つ仲間もでき、毎月誕生会やテスト前の勉強会を行い仲良くなれることができました。今、振り返ると大変だったことが楽しかった日々にも感じられるようになり、よい経験ができました。

2期生 浜松労災病院

研修の中で一番心に残っているのは実習の経験です。看護過程を展開する中で、認定看護師になった自分が患者さんの生活をよりよいものにするにはどのような介入が必要なのか、実習メンバーとディスカッション重ねたことです。

がん化学療法看護分野

1期生 香川大学医学部付属病院

静岡では、富士山の麓で四季の富士を楽しめたこと、多くの志をもつ仲間に会えたことは、自分の生涯において宝だと思っています。また、尊敬する先生方に、ここで出会えたことにも感謝しています。学習では、理論と実践をどう結び付けるか、難しいこともありましたが、新しいことを学ぶ喜びは大きかったと思います。

1期生 水戸済生会病院

がん医療では最先端の静岡がんセンターは、憧れでした。実際の研修もハード面、ソフト面共に充実しており、この7ヶ月間は私の財産です。教員の先生方も親しみやすく、ありのままの自分を受け入れてくれました。研修が始まったばかりの時は、パソコンが全然できなかったのに、終わるころにはスライドを作るのが好きになり、自分でもびっくりしています。座学も始まった頃は苦痛でしたが、今、思い出すと貴重な講義ばかりです。富士山を眺めながらの学習生活は最高でした。できるなら、もう一度研修したいです。

緩和ケア分野

1期生 諏訪中央病院

静岡で過ごした7ヵ月間は、自分自身の成長を感じることができる充実した日々でした。自施設に戻った現在も、教育課程で学習した知識・技術は現場で行う看護の土台になっています。素敵な仲間に出会えたこと、静岡では様々なことを得ることができました。

1期生 南和歌山医療センター

専門的知識だけでなく、緩和ケアに携わる者としての大切な視点など、今後の自分にとって「大切なこと・力」をいただきました。教育課程で、同じ目標を持った仲間がたくさん増えることを願っています。

1期生 新潟県立新発田病院

多職種チーム医療の大切さを、病院立であることで学ぶことができました。研修生という立場ですが、静岡県立静岡がんセンターの一員として迎えてもらったことが嬉しかったです。そしてこの7ヵ月間、貴重な経験でした。

1期生 高知赤十字病院

同じ志を持つ仲間と真剣に課題に取り組み、自分自身の強み、弱みを知り、また伝えたいことを言語化することの大変さを知りました。そして、自施設での自分の置かれる立場を客観的に捉えることで、自分の持ち味をどう活かすことができるのか考えることができました。授業には職員の聴講もあり、一緒にグループワークの機会もあり、刺激を受けました。

1期生 信州大学医学部付属病院

一緒に過ごした7ヵ月間は、私の大きな財産になっています。仲間との出会いの中で、新たな看護の楽しさ、やりがいをみつけることができました。

1期生 静岡がんセンター

同じ目標に向かって学ぶ仲間であり、お互いに切磋琢磨しあえる、これから一生付き合っていたいと思える仲間ができました。苦労し、時に泣いた経験は、この年齢では得られない貴重な時間をいただきました。

1期生 鳥取県立中央病院

入学当初は、座学に慣れず、多くのレポートに戸惑いました。しかし、講義の内容を改めて自分の中に落とし込み言語化していくことは学びを深めることにつながりました。グループワークでは、相手の意見に耳を傾け、相手の価値観を知ることの大切さを学びました。授業では、専門的知識や技術を得るだけでなく、自分自身を見つめなおす7ヶ月間であり、何度も高い壁にぶつかり、心が折れそうになることもありました。ふと気がつけば同じ志をもつ仲間の姿があり、お互いを認め合い、励まし合い、本当に強い絆が生まれました。この出会いは、7ヶ月に限ったことではなく、この先の自分自身にとって財産となるものです。

乳がん看護分野

ただいま準備中…

がん放射線療法看護分野

ただいま準備中…

センター紹介

センター紹介