医師レジデントの概要

目的

静岡がんセンターは、わが国のがん診療をリードする高度がん専門医療機関として、トップクラスの症例数を誇っており、最新の設備と高度の診療技術を駆使したがん診療を実践しています。 また、病院の理念として、患者さんとご家族の徹底支援を目指すケアの充実につとめています。
当レジデント制度は、各種がんにおける幅広い技術や知識を修得したがん専門医及び優れた臨床医の養成と、全国に先駆けて実践してきた多職種チーム医療を経験することを目的としています。

概要

当センターのレジデント制度は最新の治療から緩和ケアまでシームレスな研修ができるレジデントコースです。
具体的には、医師を対象として、①チーフレジデント、②レジデント、③短期レジデントの3コースからなるレジデントコースに加え、サブスペシャリティの専門医取得を目的とする専門医取得コースとして、④がん薬物療法専門医取得コース、⑤乳腺専門医取得コース、⑥呼吸器外科専門医取得コース、⑦消化器外科専門医取得コース、当センターならではの特色を生かした⑧病理専門修練医、⑨放射線・陽子線専門修練医、⑩感染症専門修練医の専門修練医コース、および連携施設として基本領域の専門医の研修を行う⑪専攻医コースを用意しています。また、歯科医師を対象として、①チーフレジデント、②レジデント、③短期レジデントの3コースを用意しています。
なお、慶應義塾大学医学部、日本大学大学院医学研究科との連携大学院制度を創設しています。この制度により、静岡がんセンターのレジデントとして臨床経験を積みながら大学院生として研究をおこなうことで博士(医学)を取得できます。

医師レジデント希望者の病院見学について

静岡がんセンターにおける医師レジデント希望者の方で、静岡がんセンターの病院見学をされたい方については、受付を行っています。詳しくは下記をご覧ください。

医師レジデントコースについて

医師

1)レジデントコース

①チーフレジデント

【コース開始資格】医師免許取得後6年目以上の臨床研修を終了した医師
【目的】専門的ながん診断・治療の習得
【期間】2年(研修期間の延長は原則認められません)
【内容】原則専攻科において研修します。3か月以内(外科系は麻酔科ローテーション期間を、内科系は画像診断科業務補助期間を除く)に限り、専攻科以外の診療科で研修することも可能です。
尚、外科系チーフレジデントは最低1か月の麻酔科ローテーションが、内科系チーフレジデントは最低1か月の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

②レジデント

【コース開始資格】医師免許取得後3年目以上の臨床研修を終了した医師
【目的】がん診断・治療の基礎的な技術や知識の修得
【期間】3年(研修期間の延長は原則認められません)
【内容】専攻科での研修は原則最大2年間とします。残りの期間は専攻科以外の診療科を選択し、ローテーションして幅広く研修します。(レジデント研修課程を参照)
尚、外科系レジデントは原則3か月の麻酔科ローテーションと最大1か月の画像診断補助業務が、内科系レジデントは最低1か月の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

③短期レジデント(1年コース/6か月コース)

【コース開始資格】医師免許取得後3年目以上の臨床研修を終了した医師
【目的】がんに関する専門知識及び技能を習得し、がん診療の専門医育成の一助とする
【期間】1年/6か月
【内容】
・1年コース
短期レジデントを募集する科の中から専攻科を1つ選択して12か月間研修します研修期間の延長は原則認められません。担当患者の配分等は短期レジデント以外のレジデントを優先します。
尚、外科系は1か月の麻酔科ローテーションが、内科系は1か月の画像診断科業務補助が必須となります。
・6か月コース
短期レジデントを募集する科の中から専攻科を1つ選択して6か月間研修します。他の科へのローテートは認められません。年度の途中からの研修開始も可としますが研修期間の延長は原則認められません。担当患者の配分等は短期レジデント以外のレジデントを優先します。

⇒募集要領詳細

2)専門医取得コース

新専門医制度のサブスペシャリティ(2階部分)の専門医取得を目的とするコースです。

④がん薬物療法専門医取得コース

【コース開始資格】医師免許取得後6年目以上で、各専門領域の認定医もしくは専門医を取得している医師
【目的】日本臨床腫瘍学会の専門医認定試験合格を目指す

【期間】1年/2年
【内容】「がん薬物療法専門医のための研修カリキュラム」に沿って呼吸器内科、消化器内科、血液・幹細胞移植科、女性内科を研修します。
・1年コース:上記の4科の中から所属診療科を選択し、他診療科とあわせて3か月ずつ研修します。コース終了後の2年コースへの変更は原則認めません。
・2年コース:1年コースに加え、所属診療科を12か月研修します。2年目は4か月間以内に限り主科以外に下記の科へのローテーションを認めます。
呼吸器内科、消化器内科、女性内科、血液・幹細胞移植科、小児科、緩和医療科、画像診断科、泌尿器科、婦人科、整形外科、皮膚科、病理診断科
尚、どちらのコースも1か月以上の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

⑤乳腺専門医取得コース

【コース開始資格】医師免許取得後6年目以上で外科専門医を取得している、もしくは同程度の外科臨床経験を有する医師
【目的】乳腺専門医の取得
【期間】3年
【内容】日本乳癌学会および機構の定めた専門研修プログラムに準じたカリキュラムで研修し、乳腺診療に必要な医療技術、知識を統合的に習得し、質の高い医療が提供できる専門医の育成に努めます。
尚、原則3か月の麻酔科ローテーションと最大1か月の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

⑥呼吸器外科専門医取得コース

コース開始資格】医師免許取得後6年目以上で外科専門医を取得している、もしくは研修期間内に取得見込みであり、かつ日本呼吸器外科学会および日本胸部外科学会に所属している医師
【目的】当院での研修期間内に呼吸器外科専門医取得
【期間】2年/3年
【内容】呼吸器外科専門医認定基準に定められた手術経験と学術実績、研修実績を経験して頂きます。
その他、希望により病理診断科等への研修も可能です。
尚、2年コースでは2か月の麻酔科ローテーション、1か月の画像診断科業務補助が、3年コースでは3か月の麻酔科ローテーション、1か月の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

⑦消化器外科専門医取得コース

【コース開始資格】医師免許取得後6年目以上で外科専門医を取得している、もしくは同程度の外科臨床経験を有する医師
【目的】消化器外科専門医の取得
【期間】3年(研修期間の延長は原則認められません)
【内容】それぞれの消化器外科系診療科のローテーション(食道外科3か月、胃外科6か月、大腸外科6か月、肝胆膵外科3か月)と、内視鏡科3か月、病理診断科3か月、消化器内科3か月が組み込まれたローテーション研修を行います。残りの5か月は自由に診療科を選択し幅広く研修します。
尚、3か月の麻酔科ローテーション、1か月の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

3)専門修練医コース

基本的に1つの診療科を幅広く研修します。研修終了後に専門医取得の要件を必ずしも満たすわけではありません。

⑧病理専門修練医

【コース開始資格】医師免許取得後3年目以上の臨床研修を修了した医師
【目的】病理学会認定病理専門医取得および臨床細胞学会認定細胞診専門医取得を目標とし幅広く研修する
【期間】1年/2年/3年
病院長の承認が得られれば研修期間を1年コースで最長2年間、2年コースで最長1年間延長できます。
【内容】原則として、病理診断科に固定して研修しますが、希望により病理診断科以外の診療科で研修することも可能です。病理専門医資格を持っている方は専門領域に固定した研修も可能です。

⇒募集要領詳細

⑨放射線・陽子線専門修錬医

【コース開始資格】医師免許取得後3年目以上の臨床研修を終了し、放射線治療経験を有する医師
【目的】日本医学放射線学会の放射線科専門医または、日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会の放射線治療専門医取得を目指し広く放射線治療の臨床における実践能力を研修する
【期間】1年/2年/3年
病院長の承認が得られれば研修期間を1年コースで最長2年間、2年コースで最長1年間延長できます。2年コースでは3か月以内(画像診断科補助業務を除く)に限り、専攻科以外での研修が可能です。3年コースでは医師レジデントと同様のローテーションが可能です。
尚、いずれのコースも1か月以上の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

⑩感染症専門修錬医(感染症フェローシップ)

【コース開始資格】医師免許取得後6年目以上で、日本内科学会内科認定医を取得している、もしくは同程度の内科臨床経験を有する医師
【目的】感染症医療および院内感染対策に貢献できる臨床感染症科医を育成すること
【期間】2年/3年
【内容】本プログラムは臨床面ではベッドサイドと外来でのコンサルテーションを中心に研修を行い、カンファレンス・ジャーナルクラブ等による系統的な知識の習得や、臨床・感染対策上の問題解決に取り組みます。また、院内感染対策に積極的に関わることで、将来的にコントロールプログラムの運営の中心となるべくトレーニングを行います。
・2年コース:3か月以内(画像診断科補助業務を除く)に限り、専攻科以外での研修が可能です。病院長の承認が得られれば最大1年間延長できます。
・3年コース:医師レジデントと同様のローテーションが可能です。
尚、どちらのコースも1か月以上の画像診断科業務補助が必須となります。

⇒募集要領詳細

基本領域専攻医コース(連携施設型)

新専門医制度の基本領域(1階部分)の研修の一部を連携施設として行うコースです。

⑪専攻医コース(連携施設型)

【コース開始資格】医学部卒業後3年目以上で、臨床研修を終了した専攻医
【目的】基本的ながんの診療経験を積むこと
【期間】3か月以上2年以下(総研修期間の延長は原則認められません)
【内容】研修期間が1年以上の場合は、外科系は1か月の麻酔科ローテーション、内科系は1か月の画像診断補助作業が必須となります。
※こちらのコースは、専門医制度において静岡県立静岡がんセンターを連携施設とする基幹施設の専攻医のみが応募対象となります。それ以外の方の応募はできませんのでご注意ください。身分・待遇等については、基幹施設との取り決めに基づき決定されます。

⇒募集要領詳細

歯科医師

①チーフレジデント(チーフデンタルオンコロジスト)

【コース開始資格】歯科医師免許取得後6年目以上の歯科医師
【目的】口腔支持療法およびがん治療に伴う口腔から顎顔面の歯科補綴的処置及びがん治療に伴うすべての口腔合併症に対応する事ができる歯科医師を養成する事
【期間】2年(研修期間の延長は原則認められません)
【内容】日本のがん治療の中でも、医師と歯科のシームレスな連携で、研修・研究ができる唯一のレジデントコースです。歯科外来診療を担当することで、地域がん拠点病院の歯科医療のリーダーを養成します。
尚、原則3か月の麻酔科ローテーションが必須となります。

⇒募集要領詳細

② レジデント(デンタルオンコロジスト)

【コース開始資格】歯科医師免許取得後3年目以上の歯科医師
【目的】口腔支持療法およびがん治療に伴う口腔から顎顔面の歯科補綴的処置及びがん治療に伴うすべての口腔合併症に対応する事ができる歯科医師を養成する事
【期間】3年(研修期間の延長は原則認められません)
【内容】日本のがん医療の中でも、医師と歯科のシームレスな連携で、研修・研究ができる唯一のレジデントコースです。1年間の歯科口腔外科での研修に加え、口腔支持療法時に役立つ領域や連携する各科(頭頸部外科、再建形成外科、病理診断科、感染症内科、緩和医療科、麻酔科、画像診断科など)をローテーションして、レジデント研修を受けることができます。
尚、全身管理についての研修として、原則6か月の麻酔科ローテーションと最大1か月の画像診断補助業務、並びに3か月以上の頭頚科ローテーションが必須となります。

⇒募集要領詳細

③ 短期レジデント

【コース開始資格】歯科医師免許取得後3年目以上の歯科医師
【目的】口腔支持療法およびがん治療に伴う口腔から顎顔面の歯科補綴的処置及びがん治療に伴うすべての口腔合併症に対応する事ができる歯科医師を養成する事
【期間】6か月または1年
【内容】1年の歯科口腔外科研修で、口腔支持療法およびがん治療に伴う口腔から顎顔面の歯科補綴的処置及びがん治療に伴うすべての口腔合併症への対応についての基本的な研修を行います。
尚、全身管理についての研修として、原則2か月の麻酔科ローテーションが必須となります。

⇒募集要領詳細

身分・待遇【専攻医コース(連携施設型)を除く】(2020年度の状況)

 身分 静岡県会計年度任用職員
 給与 月額約60万円~
その他に通勤手当、期末手当、勤勉手当相当を支給
 保険 社会保険(雇用、労災、健康、厚生)に加入
 宿舎 有償貸与あり(月額約4万円)
 その他 宿日直(月0.5回程度)の義務あり

 

静岡がんセンターが認定・指定・関連施設になっている学会等

日本IVR学会 日本医学放射線学会
日本核医学会 日本肝胆膵外科学会
日本がん治療認定医機構 日本形成外科学会
日本外科学会 日本血液学会
日本呼吸器学会 日本呼吸器外科学会
日本呼吸器内視鏡学会 呼吸器外科専門医合同委員会
日本耳鼻咽喉科学会 日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会 日本消化器病学会
日本腎臓学会 日本循環器学会
日本大腸肛門病学会 日本超音波医学会
日本東洋医学会 日本内科学会
日本乳癌学会 日本脳神経外科学会
日本泌尿器科学会 日本皮膚科学会
日本病理学会 日本婦人科腫瘍学会
日本放射線腫瘍学会 日本麻酔科学会
日本リハビリテーション医学会 日本臨床細胞学会
日本臨床腫瘍学会 日本感染症学会
日本緩和医療学会 日本整形外科学会

 

問合せ先・願書送付先

〒411-8777
静岡県駿東郡長泉町下長窪1007番地
静岡県立静岡がんセンター 総務課企画人材班
TEL:055-989-5222 FAX:055-989-5783
お問い合わせフォームは こちら

医師レジデント募集

医師レジデント募集