抗がん剤治療と眼の症状

これまで、抗がん剤治療の副作用として、眼の症状はあまり注目されていませんでした。けれども、眼の症状は、日常生活に大きく影響します。そこで、この冊子では、眼の副作用が生じる可能性の高い抗がん剤とその症状について紹介しています。

Yorozu1

 

目次  
抗がん剤の眼への影響について
患者さんの声
一般的なケア
主な眼の病気・症状
原因と頻度
眼の副作用を生じやすい抗がん剤について
薬別の眼の症状と対処法
テガフール・ギメラルシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン,TS-1)
フルオロウラシル(5-FU)
シタラビン(キロサイド、シタラビン、スタラシド)
タモキシフェン(ノルバデックス、タモキシフェン)
パクリタキセル(タキソール、パクリタキセル)、
ドセタキセル(タキソテール、ワンタキソテール、ドセタキセル)
パクリタキセル(アルブミン懸濁型)(アブラキサン)
シスプラチン(シスプラチン、ブリプラチン、ランダ)
ゲフィチニブ(イレッサ)、エルロチニブ(タルセバ)、
セツキシマブ(アービタックス)
クリゾチニブ(ザーコリカプセル)アファチニブ(ジオトリフ)
ベムラフェニブ(ゼルボラフ)ダブラフェニブ(タフィンラー)
トラメチニブ(メキニスト)ニボルマブ(オプジーボ)
イピリムマブ(ヤーボイ)ペムブロリズマブ(キイトルーダ)
抗がん剤治療の副作用対策に関する冊子のご案内
処方別がん薬物療法説明書【患者さん向け】のご案内
参考資料

 

Acrobat ReaderダウンロードGet_Adobe_Acrobat_Reader

患者支援・相談

患者支援・相談