患者家族支援

静岡がんセンターの3つの理念の一つである「患者さんと家族を徹底支援する」という理念を遂行するため様々な部門やシステムを整備し、協働で患者家族支援を実施しています。

患者家族支援を展開する上で、 (1)患者さんの悩みや負担等を軽減する情報や支援を提供する、(2)患者さんが知っておかなければならない情報を提供する、の2点からアプローチを実施しています。

患者さんの悩みや負担等を軽減する情報支援

(1) 患者や家族の視点による悩みや負担等の実態

患者視点で、がん患者さんの悩みや負担等の全体像を明らかにするために、2003年、我が国で初めて、がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査(全国のがん体験者7,885人が参加)を自由記述式による大規模調査で実施しました。その結果を体系化した上で、悩みのデータベースをインターネットで公開し、誰でも閲覧できる環境を整備しました。

調査から10年経過した2013年から第二次全国実態調査(全国のがん体験者4,054人が参加)を実施し、現在、解析(がん対策基本法制定前後の悩みや負担等の変化など)を行っています。データ解析後は、2003年と同様、静岡分類により体系化し、新たなデータベース構築をめざしています。

中間解析では、2003年第一次調査と比較し、診療の悩み、身体の苦痛、暮らしの負担の割合が増加し、心の苦悩の割合が減少していました。また、身体の苦痛では、薬物療法の副作用や後遺症に伴う悩みや負担が顕著に増加していました。

(2) 悩みデータベースに基づいた情報支援

インターネットによる情報発信としては、2007年に、悩みのデータベースを基盤としたWeb版がんよろず相談Q&Aサイト(http://cancerqa.scchr.jp)を公開しました。このサイトでは、地域住民、患者さんや家族の悩みや負担、疑問に関して、地域で安心して医療を受け、暮らしていくための情報支援を目的にさまざまなコンテンツを提供しています。

また、高齢者などインターネットに不慣れな方々に向けた情報提供として、紙媒体のがんよろず相談Q&Aシリーズ等の冊子を発行しています。

患者さんが知っておかなければならない情報の提供

患者さんが積極的に治療に参加し意思決定すること、自分が受けている治療と治療に伴う体の変化を知り、判断し行動すること(セルフケア行動)を支援するための情報提供、技術支援に関する研究を行っています。

(1) 情報処方

「情報処方」とは、「がん患者さんやご家族が、知りたいこと、知っておかなければならない情報を的確に提供する」ことです。
がん薬物療法別に、がん患者さんやご家族向けの説明書を検討しています。
現場の医師、看護師、薬剤師らの協力を得て、がん患者さんやご家族へ行う説明を1冊にまとめています。治療内容、期待される効果、起こりうる副作用の種類や時期、病院連絡が必要な目安、副作用対処の工夫などを盛り込み、がん患者さんやご家族に積極的に治療参加していただけるようにしてあります。

(2) がん薬物療法による副作用の記録用紙(副作用メモ)

薬物療法が、入院してから通院で行う治療に変わってきています。医療者が患者さんの自宅での状態をよく把握することで、今後の予防やより良い対処につなげることができます。
副作用メモでは、患者さんが自宅でみられた副作用を記入するだけでなく、その対処についての情報も記載してあります。

「情報処方」の冊子と合わせて使うことで、患者さんのセルフケアが向上すると考えています。

研究活動

研究活動