対象となる疾患と適応条件

対象となる疾患と適応条件

当センターにおける陽子線治療の主な対象疾患と、その適応条件をご案内します。

患者さんひとりひとりの体が異なるように、同じ種類のがんであっても病気の進行度、自覚症状などその病状は一様ではありません。
ですからここに記された情報は、ひとつの目安とお考えいただき、不明点は静岡がんセンター「よろず相談」に、お気軽にお問い合せください。

yorozu_btn

各疾患共通の適応条件について

当センターでは、陽子線照射が技術的に可能で、かつ局所照射治療のメリットがあることが、厚生労働省承認の先進医療「悪性腫瘍に対する陽子線治療(固形がんに係るものに限る。)」を実施する前提となります。さらに、次のような共通の適応条件があります。

  • 遠隔転移・リンパ節転移がないこと
  • 何らかの理由で手術が困難であること(患者さんの手術拒否を含みます)

これらの他、症例ごとの適応条件は「各部位の症例と適応条件」に記しましたが、それらの条件を満たしていても腫瘍の部位や大きさなどによっては、陽子線治療が困難な場合があります。
事前の診察・検査で病巣の状態をよく把握した上で、主担当医師が中心となったチームが主診療科のカンファレンスにおいて手術・抗がん剤治療・通常放射線治療など、陽子線治療以外の治療方法が選択肢とならないかどうかの慎重な検討をして適応の有無を判断していきます。

症例と適応条件を部位から探す

症例と適応条件を部位から探す

頭頸部 小児腫瘍 頭蓋底 胸部(肺) 腹部(肝臓) 組織型 骨盤部(前立腺) その他 脳

各部位の疾患と適応条件

部位など 疾患 適応条件など
下垂体腫瘍、悪性髄膜腫など 手術によって全摘出ができなかった場合(亜全摘例)や、手術が困難な場合。(手術不能例、手術拒否例)
頭蓋底 頭蓋底腫瘍(脊索腫、軟骨肉腫など) 手術によって全摘出ができなかった場合(亜全摘例)や、頭蓋底手術が困難な場合。(手術不能例、手術拒否例)
頭頸部 耳鼻科領域の悪性腫瘍(鼻腔がん、副鼻腔がん、口腔がん、唾液腺がん、上咽頭がんなど)、眼窩腫瘍など 腫瘍の大きさと進展度はT1からT4。ただし遠隔転移や頭蓋内への進展がないこと。頸部リンパ節転移がある場合は頸部郭清術などにより制御できること。
胸部 肺がん(原発性) 病期Ⅰ期の末梢型であること。病理組織が腺癌・扁平上皮癌などであって「小細胞肺がん」ではないこと。 ※末梢型II期も一部対象になる場合があるなど、症状・検査結果により異なります。
腹部 肝細胞がん 手術やRFAが困難な場合。初回治療・再発に関わらず、肝機能が保たれていること。 ※Child-Pugh (チャイルド分類)において、A・B(一部C)までが治療対象の目安となります。
組織型による分類 鼻腔粘膜の悪性黒色腫 手術が困難な場合。頭蓋内に進展していないこと。
骨・軟部組織の悪性腫瘍 遠隔転移やリンパ節転移がないこと。
骨盤部 前立腺がん 骨転移など遠隔転移のないこと。リンパ節転移のないこと。 ※PSA値やグリソン・スコアによってはホルモン治療を先行する場合があります。
直腸癌術後局所再発 <腫瘍と腸管が密着していないこと。/td>
その他 その他 肺がん術後局所再発例、転移性肺腫瘍、転移性肝腫瘍なども適応検討の対象となります。
小児腫瘍 横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、髄芽腫など 当センター小児科との併診で適応を検討します。

 

陽子線治療のご案内

陽子線治療のご案内