レジデント向け情報

研修の特徴

骨軟部悪性腫瘍に対しては、日本整形外科学会の基準に従う広範切除とEBMに基づく化学療法を原則としていますが、進行例に対しても放射線+化学療法によるQOLを重視した治療を放射線治療科、陽子線治療科と共同で行っています。また、小児例に対しては小児科と協力して治療を行っています。そのため小児科ら高齢者まで、早期例から進行した症例まで幅広い症例を経験できることが特徴です。良性腫瘍でも手術適応があるものについては手術を積極的に行うため、良性腫瘍についても経験が積めます。レジデントの先生の習熟度に応じて手術も経験できます。また当科のもうひとつの特徴は、転移性骨腫瘍について、積極的に主治医として治療参加していることです。隔週で行う骨メタ・カンファランスにより、放射線治療部、と協議の上治療方針を決定し、週1回理学療法士、看護師と共に他職種回診を行っています。

研修コースと研修内容

原則としてレジデントは3年、チーフレジデントは2年の研修期間です。レジデントは研修期間の1/3を各自の将来設計にもとづいて整形外科以外の分野から選択し、残りの2/3を整形外科で研修します。具体的には画像診断科、外科病理、放射線治療科、小児科、再建・形成外科、泌尿器科、麻酔科などから (最低1か月間)選択できます。チーフレジデントは1か月間の麻酔科研修の義務があります。それ以外の23か月は全期間を整形外科研修とすることも、3か月程度他分野の研修を受けることも可能です。 学会発表のテーマは豊富であり、日整会だけではなく、研修期間中に最低1回は国際学会での発表を目標とします。また英文論文執筆指導を受けることも可能です。

レジデントの声

宮城道人 医師(研修期間2年)

2年間の整形外科チーフレジデントを経験して、H25年4月からH27年3月までの2年間、静岡がんセンターでチーフレジデントとして赴任させていただきました。静岡がんセンター整形外科の良い点の一つは、診断から、集学的治療、手術、緩和治療に至るまでの全ての流れを経験できることです。手術症例はもちろんのこと、切除不能肉腫の治療や、緩和治療の考え方、全人的治療の難しさなど、多くの静岡がんセンターならではの経験と勉強をさせていただきました。また、転移性骨腫瘍のマネージメントについては、並々ならぬ熱意と造詣があり、時代をリードする知見がここにはあると感じました。ここでの経験は、整形外科医として生きていく中で必ず役立つと思います。

整形外科

整形外科