レジデント向け情報

研修の特徴

近年、がん薬物療法は各臓器において標準治療が定まってきていますが、実臨床において標準治療が適応とならない患者も多く、がんを上手に治療するためには多くの知識と経験が必要となります。当院は、癌の症例数において国内トップクラスであるため、担当する症例数は多く、様々ながん腫、病態、副作用を経験することにより治療技術を磨くことが出来ます。
 がんセンターの使命として日本臨床腫瘍グループ(JCOG)、西日本がん研究機構(WJOG)などの多施設共同医師主導臨床試験、国内外の第Ⅰ相から第Ⅲ相までの新薬治験、製造販売後臨床試験、自主研究など、多くの臨床研究に参加し、新規治療薬や治療方法の開発に積極的に関与しています。
 一方、標準治療が終了した終末期についても多くの患者さんが転院せず当科で継続して診療することが多いところは、がん診療を専門とする他のセンター病院・大学病院と異なっており、地方病院としての性格も有しています。
 このように終末期医療も含めた診療をより良く行うために、薬物療法だけにとどまらず、内視鏡的処置、IVR、在宅医療も積極的に取り入れるなど、他科・地域との連携をはかっており、全職種を含めたチーム医療をベースとした消化器悪性腫瘍症例の総合的なマネジメントを目指すことができるのがこの病院の特徴です。
 研修終了後には施設でがん薬物療法や緩和ケアなど包括的がん診療のリーダーシップをとり、がん臨床研究についても日本の中核を担うような人材の育成を目指しております。

 *消化器内科では開院当初より10年以上続く毎朝7時30分からの抄読会(火曜日除く)を行っています。生物統計家や食道外科の医師らも参加し各自持ち回りで最新の情報から日常臨床での疑問などについて勉強しプレゼンテーションを行い、皆でディスカッションします。このような消化器内科の活動、またがん薬物療法に関するニュースなどは“静がん消化器内科Facebook”に載せていますので是非ご覧になってください。

研修コースと研修内容

消化器内科だけでなく、原発不明科、内視鏡科、病理診断科、画像診断科、感染症内科、緩和医療科など、希望に応じた研修に対応しています。 レトロスペクティブな研究だけでなく、臨床試験のプロトコール作成過程や、第Ⅰ相からⅢ相までの臨床試験にも積極的に参加していただきたいと考えております。また、薬物療法に関連する全科で連携したPhaseⅠチームへの参加や、意欲のある先生には臨床試験をみずから計画することなどもできます(要相談)。日本臨床腫瘍学会の認定資格である「がん薬物療法専門医」や、日本消化器病学会認定の「消化器病専門医」の取得も可能です。

レジデントの声

吉田幸生 医師(平成24年から研修中)

私は消化器のがん診療を学ぶため、平成24年4月から当院で研修を受けています。3年間のジュニアレジデント研修では、自分の目的に応じたローテーション科の選択が可能であり、特に当科の診療と関係の深い内視鏡科、病理診断科、IVR科、画像診断科、肝胆膵外科、緩和医療科、放射線治療科での研修を受けた後に当科に移り、現在はシニアレジデントとして研修を継続中です。当科では消化器がんのみならず頭頸部癌、GIST、神経内分泌細胞腫瘍や原発不明癌など、比較的希少な疾患を含め多くの症例を経験することができます。日々の診療やカンファレンスを通じて各分野の専門家の考えを聞き、議論する機会にも恵まれており大変貴重な経験になっています。また、院内外を問わず学術活動も大変盛んで、熱い指導を受ける事ができます。研修の場として大変魅力的な所ですので、是非いらして下さい。お待ちしています。

木藤陽介 医師(研修期間4年)

消化器がんに対する薬物療法についての勉強と、がん薬物療法専門医の取得を目的として、平成25年より静岡がんセンター消化器内科で働かせていただきました。実際に来てみると、勉強をするのにとても恵まれた環境であることがわかります。病院、設備などのハード面も優れていると思いますし、各臓器のスペシャリストの先生方(各分野で有名な先生方)と臨床や研究、その他のことなど、いろいろな話しができるのは大変刺激になります。また、臨床試験にも深くかかわることができ、私は上司の先生方の指導のもと前向き臨床試験のプロトコールを書くことができました。文章だけでは良さがなかなか伝えられないので、興味がある方は可能であれば見学に来ることをお勧めいたします。

消化器内科

消化器内科