研究活動

主な研究内容

全国の主要施設と連携し、新しい治療法および新しい薬剤の開発を目指しています。

1) 術前、術後補助療法に関する研究

閉経後乳がん患者さんに対するホルモン療法の延長の有用性に関する研究(N-SAS BC 05試験)、術前内分泌療法が有効であった閉経後乳がん患者さんに対する術後化学療法の必要性に関する研究(N-SAS BC06試験)、エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳がん患者さんに対して、術後ホルモン療法に経口抗がん剤(S-1)を追加する有用性に関する研究(POTENT試験)、HER2陰性高リスク乳がん患者さんに対する術後補助療法にPARP阻害剤を追加する有効性に関する研究(OlympiA試験)を行っています。

2) 手術療法に関する研究

StageIV乳がんに対する原発巣切除の意義に関する研究(JCOG1017試験)を行っています。

3) 術後、定期検診の妥当性に関する研究

再発高リスク乳がん患者さんに対する濃厚な定期検診の有用性に関する研究(JCOG1204試験)を行っています。

関連情報

 ・「静岡がんセンターで実施している臨床試験・治験の情報」についてはこちら

 ・「倫理審査委員会で実施情報の公開が必要とされた研究の情報」についてはこちら

業績

論文

乳腺外科

乳腺外科