保険外併用療養費(先進医療など)

静岡がんセンターでは次の保険外併用療養費を頂いております。

評価療養

先進医療
第2項先進医療 【先進医療A】
先進医療技術名
陽子線治療 

 

第3項先進医療技術 【先進医療B】
先進医療技術名 適応症
パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん 
ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん (扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)
放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法 初発の中枢神経系原発悪性リンパ腫 (病理学的見地からびまん性大細胞型B細胞リンパ腫であると確認されたものであって、原発部位が大脳、小脳又は脳幹であるものに限る。)
テモゾロミド用量強化療法 膠芽腫(初発時の初期治療後に再発又は増悪したものに限る。)
術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法 切除が可能な高度リンパ節転移を伴う胃がん (HER2が陽性のものに限る。)
陽子線治療 肝細胞がん(初発のものであって、肝切除術、肝移植術、エタノールの局所注入、マイクロ波凝固法又はラジオ波焼灼療法による治療が困難であり、かつChild―Pugh分類による点数が七点未満のものに限る。)
陽子線治療 根治的切除が可能な肝細胞がん(初発のものであって、その長径が三センチメートルを超え、かつ、十二センチメートル未満のものに限る。)
腹腔鏡下センチネルリンパ節生検 早期胃がん
術後のカペシタビン内服投与及びオキサリプラチン静脈内投与の併用療法 小腸腺がん(ステージがⅠ期、Ⅱ期又はⅢ期であって、肉眼による観察及び病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る)
 
 

参考

厚生労働省の「先進医療」についてのホームページ ・先進医療の概要

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/

・先進医療を実施している医療機関の一覧

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

選定療養

有料個室料金(差額ベッド)

個室使用料として以下の療養費を頂いております。

有料個室A 1日につき32,400円

有料個室B 1日につき10,800円

 

 

 

初診・再診時

他の医療機関からの紹介状をお持ちでない初診の方、他の医療機関への紹介を当院より申し出たが、
引き続き、当院での診療を希望された方につきましては以下の料金を保険診療とは別にご負担いただきます。

  初診の場合   5,400円 (歯科 3,240円)

  再診の場合   2,700円 (歯科 1,620円)

   

センター紹介

センター紹介