泌尿器科について

スタッフ紹介

11001 11002 11003 11004 11005
副院長兼
泌尿器科部長
庭川 要

医長
山下 亮
医長
中村 昌史
医長
新坂 秀男
医長
松嵜 理登
レジデント・非常勤医師
名誉院長
鳶巣 賢一
チーフ
レジデント
堀内 明
非常勤医師
松井 隆史
   

 

泌尿器科の特徴・考え方

泌尿器科では、泌尿器(腎、尿管、膀胱、尿道)、と男性生殖器(精巣、前立腺、精嚢、陰茎)、および解剖的にこれらの臓器と近接関係にある副腎に発生した悪性腫瘍の診断と治療を担当しています。最も患者数が多いのは前立腺がんで、膀胱がん、腎がんが続いています。
泌尿器がんの治療には「外科的治療(手術))」と「内科的治療(抗がん剤治療やホルモン治療)」「放射線治療」などがあり、がんができた部位や病状に合わせて最適な治療法を選択します。また、消化器がんや婦人科がんが進行して、腎機能に障害を起こした場合の処置も行います。さらに骨盤への放射線治療や抗がん剤投与の副作用として生じる出血性膀胱炎の治療も、泌尿器科の役割です。

静岡がんセンター泌尿器科の特徴と治療方針

多様な術式に対応

前立腺がんでは通常の開腹手術に加えてロボット支援手術(後述)、腎がんでは腹腔鏡下手術も行います。また膀胱がんで膀胱を全摘出した場合には、新たな排尿の方法として回腸導管だけでなく新膀胱造設術も実施しています。

前立腺密封小線源治療を実施

前立腺がんでは放射線治療も有力な選択肢です。当科では、放射線を体の外側から当てる通常の外照射のほか、シャープペンシルの芯を細かく切ったような小さな放射線源を前立腺の中に埋め込む「密封小線源治療」も実施しています。

より負担が軽いロボット支援手術を実施

静岡がんセンターには、二台の手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)と陽子線治療装置があり、これらの治療設備を効率的に用いて、負担の少ない治療を目指してきました。ロボット支援手術は前立腺がんには保険診療が認められており、多くの患者さんが治療を受けています。今後は腎がんなど、前立腺以外の臓器のがん手術にも保険適応が期待されています。

泌尿器科からひとこと

泌尿器のがんの中には、精巣腫瘍のように、治すためには一本道しか無い疾患もあれば、前立腺がんのように多彩な治療の選択肢がある病気もあります。取り扱う病気が多岐にわたるため、それぞれの病気に応じて、さまざまな治療の提案ができるように準備しています。また、「がんを上手に治す」「患者さんと家族を徹底支援する」「成長と進化を継続する」という静岡がんセンターの理念にそって、検査や治療、その後の生活などについてていねいに説明するよう心がけています。わからないことや不安なことがあれば、いつでも担当医に尋ねてください。

専門分野・所属学会・資格

庭川 要(副院長兼部長)
Niwakawa, Masashi

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本癌治療学会
日本超音波学会
日本神経因性膀胱学会

山下 亮(医長)
Yamashita, Ryo

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本泌尿器内視鏡学会(泌尿器腹腔鏡技術認定医)

中村 昌史(医長)
Nakamura, Masafumi

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本癌治療学会
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本泌尿器内視鏡学会(泌尿器腹腔鏡技術認定医)
日本癌学会

新坂 秀男(医長)
Shinsaka, Hideo

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本泌尿器内視鏡学会(泌尿器腹腔鏡技術認定医)

松嵜 理登(医長)
Matsuzaki, Masato

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療
泌尿器腹腔鏡手術
泌尿器ロボット支援下手術

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医、指導医)
日本泌尿器内視鏡学会(泌尿器腹腔鏡技術認定医)
日本内視鏡外科学会(腹腔鏡技術認定医)
日本癌治療学会

鳶巣 賢一(名誉院長)
Tobisu, Kenichi

専門分野

泌尿器科悪性腫瘍の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(認定医、指導医)
日本癌治療学会(評議員)
日本臨床腫瘍学会(評議員)
日本癌学会

堀内 明(チーフレジデント)
Horiuti, Akira

専門分野

泌尿器悪性腫瘍
の診断と治療

所属学会・資格等

日本泌尿器科学会(専門医)

泌尿器科

泌尿器科