レジデント向け情報

研修の特徴

豊富な症例数、手術数、多職種チーム医療による多くの治療選択肢があることを背景に、多くの診療技術を学ぶことができます。

研修コースと研修内容

頭頸部外科以外に形成外科、消化器内科、病理診断科、麻酔科、緩和医療科、リハビリテーション科などもローテイトできます。また1年から3年の研修過程を自分の将来設計にもとづいて選択できます。

頭頸部外科

頭頸部外科