主な診断方法・治療法・手術件数

主な診断方法

画像診断(ダーモスコピー、PET-CT、特殊な超音波検査)

早期診断が困難な皮膚がんや転移巣を非侵襲的に(切ったり、刺したり、痛みや苦痛のない)診断をすることができます。

病理診断

センチネルリンパ節生検により転移の早期診断や手術の簡略化(縮小化)を図ります。

遺伝子解析

治療予測、副作用予想、予後予測などにも応用予定です。
また新規抗がん剤の効果(または適応)の有無をあらかじめ抗がん剤投与前に調べることが可能です。

主な治療法

悪性黒色腫(メラノーマ)

いわゆる「ほくろのがん」と呼ばれているものです。他のどのがんよりも悪性で、最も転移性の高い、がんの一つです。センチネルリンパ節生検や陽子線治療、新規抗がん剤治療などの経験数は国内外でもトップクラスです。新規抗がん剤(αインターフェロン、免疫治療(PD-1抗体)、BRAF阻害薬など)の治療や、またさらに最近の新規抗がん剤の治験も数多く手がけています。

有棘細胞がん(紫外線を長年浴びた部位ややけど、けがの痕などにできる)

手術療法が主体ですが、抗がん剤にも放射線にも感受性があり、進行程度に応じて併用療法を行います。

基底細胞がん(高齢者の顔面にできやすい)

手術療法が主体。

日光角化症(高齢者の紫外線を長年浴びた部位(顔面、耳介、手背)に多発する)

手術療法以外にクリームの外用療法や液体窒素による凍結療法が用いられ、優しい治療が行われています。 

パージェット病(高齢者の陰部や乳房にできるまれな皮膚がん)

手術療法が主体。

ボーエン病

手術療法が主体です。多発する場合は内蔵のがんが合併することがあります。十分な全身検査を受けましょう。

手術件数 平成29年1月~12月

手術名 件数
皮膚、皮下腫瘍摘出術 20
皮膚悪性腫瘍切除術 118
 センチネルリンパ節生検 (23)
その他悪性腫瘍切除術 9
植皮術 3
皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術 5
リンパ節郭清術 11
リンパ節摘出術 22
その他 6
合計 194

*kコードによる分類

皮膚科

皮膚科