レジデント向け情報

研修の特徴

歯科医師レジデント・チーフレジデント

静岡県立静岡がんセンター歯科口腔外科は、がん治療時における支持療法としての口腔ケアのパイオニアです。研修を通じて、がん治療時に生じるすべての口腔合併症に対処可能な歯科医師の養成を行っています。歯科口腔外科では、すべてのがん腫、がん治療に対する口腔支持療法を行うために、多数の様々な症例を経験することができます。また院内他科での研修を通して、口腔がん患者に対しての全身管理や手術、再建方法などのより高度な口腔外科的な手技についても研修することが可能です。プログラム内容は、各レジデントの希望に沿って調整できるので、個々にあわせた研修を行うことができます。
 具体的には、がん治療を行う上での口腔衛生管理法、がん化学療法や放射線治療に伴う口腔粘膜炎や歯性感染症、薬物関連性顎骨壊死などの口腔有害事象への対応方法、頭頸部領域の欠損に対する補綴治療(エピテーゼ、顎義歯等)、など豊富な症例を通して多くの研修項目を経験することができます。ほかにも、がん治療におけるチーム医療や医科歯科連携、地域連携などのシステムを運用するための様々なノウハウを学ぶことが出来ます。チーム医療を行うため、他医師や医療職スタッフと積極的にコミュニケーションする意欲を必要とします。

多職種がん専門レジデント・歯科衛生士

がん治療に携わる医療職を養成する多職種がん専門レジデントコースの歯科衛生士プログラムです。がん治療全般の知識を持ち、がんチーム医療の一員として活躍することを目的とします。がん支持療法としての口腔ケアの専門知識・手技を2年間で習得し、修了後は全国各地でがん口腔ケアの実践および普及に従事できる歯科衛生士の養成を目指しています。また、臨床研修以外にも、症例プレゼンテーション、臨床研究などのスキルのための研修も行います。
 歯科口腔外科では、院内すべての科と連携して患者さんの診療をしていることから、手術、がん化学療法、放射線治療、緩和医療とすべてのがん治療段階や外来診療、病室往診なども含めた豊富な症例を通した研修ができます。多くの患者さんとの関わりを通じて、がん専門病院のチーム医療の一員として臨床経験を積むことができます。

研修コースと研修内容

歯科医師レジデントコース(3年間)

歯科医師免許取得後2~5年程度の歯科医師を対象に、がん治療全般を理解し、がん治療に伴う口腔合併症に対応するための技術と知識の習得を目的とします。研修期間3年間のうち、1年間は歯科口腔外科にてがん治療のための口腔支持療法の技術・知識の習得を行いますが、がんの支持療法を行う上で必要な技術と知識を習得するための全身管理に6か月間の麻酔科研修、口腔がんを含むがん治療全般の理解のために3か月間以上の頭頸部外科研修と1か月間の画像診断科業務補助は必須の研修としています。その他にも、再建・形成外科、病理診断科、緩和医療科、感染症内科、リハビリテーション科などの歯科と関わりの深い関連各科での研修も希望にあわせて選択可能です。口腔外科の基本技術(採血・血管確保、埋伏歯抜歯等)の研修を受けていることが望ましいです。がん診療に関連する基本的な技術と知識を習得することで、今後の歯科・口腔外科の分野での足がかりとなる基礎を身につけることができます。

歯科医師チーフレジデントコース(2年間)

歯科医師免許取得後5年以上経過して、一通りの歯科治療を習得できている歯科医師を対象に、がんの口腔支持療法に特化した研修を行います。がん治療に伴う全ての口腔合併症に対応することができる歯科医師を目指します。がんの支持療法を行う上で必要な全身管理の技術と知識を習得するために、3か月間の麻酔科ローテーションを必須としています。主に、歯科外来診療を担当することで、豊富な症例からすべてのがん腫、がん治療に対応する能力を高めるプログラムです。地域のがん診療連携拠点病院においてシームレスな医科歯科連携を担う歯科医療のリーダーを養成します。

多職種がん専門 歯科衛生士レジデントコース(2年間) 

歯科衛生士免許取得者で2年以上の臨床経験、または大学歯科衛生学科課程修了者、もしくは同等の技術・知識がある歯科衛生士を対象に、がん治療に伴う様々な口腔合併症を予防・回避するための口腔ケアの考え方、実践方法を学びます。がん治療全般の知識を持ち、がんチーム医療の一員となる人材を養成します。
 診療研修では、歯科医師とともに担当患者を受け持つことで、一人の患者さんを通してがん治療の流れを理解することができ、個々人のがん治療内容や全身状態、心理状態に合わせた対応ができることを目指します。歯科以外の病院内の研修にも参加することができ、院内研修会である「臨床腫瘍学コース」への参加、およびレジデント2年目の学会発表を必須とします。また、自己学習や院外の各種研修会への積極的参加を推奨しています。

レジデントの声

古川 康平 歯科医師(研修期間3年 現在副医長として勤務)

卒後3年目よりレジデントとして当院で3年間の研修を行いました。3年間の間に、歯科口腔外科、頭頸部外科、麻酔科、再建・形成外科、放射線治療科、緩和医療科、感染症内科、画像診断科をローテーションすることで、がん治療全般を理解し、がん治療における口腔合併症についての知識・経験を深めることが出来ました。当院の様に、がん治療に関連した多くの科で研修を受けることができる施設は少ないため、がんのチーム医療を学ぶには最適の研修です。今後、歯科医師として仕事をしていく上で、非常に有意義な3年間が過ごせたと思います。

今待 賢治 歯科医師(研修期間3年)

私は2013年4月から歯科医師レジデントとして、静岡がんセンターに勤務していました。歯科医師レジデントの研修期間は3年間ですが、様々な経験を積むことが出来ました。特に、医科領域の科とシームレスな研修が可能なため、非常に幅広く、最前線のがん診療に触れることが出来ました。また、同時期に研修をしている他科の優秀な医師レジデントの先生と共に仕事をする機会も多く、ここで得たかけがえのない繋がりは今後の自分にとって宝物になると思います。
 がん治療における口腔支持療法は、静岡がんセンター開院当初から取り組みであり、歯科界の中でも最先端の技術と知識を習得するための研修を行えます。医科との連携を通したチーム医療に参加することで、全身の中の口腔といった観点から、歯科の役割の重要性を再認識しています。
 ここ静岡県は温暖な気候に恵まれた土地で、その中でも静岡がんセンターは霊峰・富士山の麓にあり、非常に風光明媚な場所です。このような最高の環境で、最先端のがん医療を学ぶことができるのは、本当に幸運です。ここ静岡の地で、同じ志を持った歯科医師レジデントの仲間達と切磋琢磨できることを願ってやみません。

歯科口腔外科

歯科口腔外科