歯科口腔外科について

スタッフ紹介

16001 16002      
歯科口腔外科
部長 百合草 健圭志
副医長
古川 康平
     
レジデント・非常勤歯科医師
チーフ
レジデント
杉山 正博
レジデント
比嘉 盛敏
レジデント
竹内 照美
レジデント
花谷 佳菜子
レジデント
加藤 翼
レジデント
木村 萌美

歯科口腔外科の特徴・考え方

がん治療中には、抗がん剤や放射線の副作用で口の粘膜が荒れたり口内炎ができるなどトラブルが起こりやすく、悪化すればがんの治療自体を延期あるいは中断せざるを得なくなる可能性があります。歯科口腔外科では、こうしたがん治療中に起こる口の中のトラブルの治療や予防を行い、安心・安全にがん治療を続けることができるようにがん患者を支える「口腔支持療法」を担当します。全国の多くのがん専門病院やがん診療連携拠点病院でも同じように、「がん患者を支える歯科」が増えてきています。

静岡がんセンター歯科口腔外科の特徴と治療方針

静岡がんセンターの歯科口腔外科では、がん治療時のお口に関わる苦痛の軽減と療養生活の質の維持向上を目指し、口からがん患者さんを支える診療をおこなっています。そのために、口腔(こうくう)ケア、チーム医療、そして地域連携を3つの柱としています。

口腔ケアで予定通りのがん治療を実現

がん治療の副作用でお口の中にトラブルが起こることはきわめて多いのですが、口の中をきれいに維持することで、予防、軽減できることがわかってきました。静岡がんセンターでは開院時から歯科口腔外科を開設し、口腔ケアをするほか、セルフケアの指導にも取り組んでいます。口腔トラブルが原因でがん治療自体を延期あるいは中断するケースはほとんどありません。

各診療科と連携して、口のトラブルに対応

抗がん剤投与や口周辺への放射線照射といった「口腔トラブルが起こる可能性が高いがん治療」をする場合には、担当の診療科と連絡を取り合って、治療前から積極的に予防のための歯科処置を行い、順調にがん治療を遂行できるようにサポートしています。また、治療中のお口のトラブルにもすぐに対応できるサポート体制をとっています。

地域連携で、入院前後も継ぎ目のないケアを

患者さんはがんセンターに通院や入院する以外、ほとんどを自宅で過ごします。がんセンター内の歯科口腔外科だけではケアや治療が不十分なので、自宅近くにかかりつけの歯科医院を持ち、定期的に受診してお口のチェックをすることを勧めています。静岡がんセンターでは、静岡県内の多数の歯科医院と連携し、患者さんが入院前や退院後に自宅近くの歯科医院でもチェックできるサポート体制を整えています。がん治療中の口のトラブルに対しても必要に応じて、かかりつけの歯科医院と協力して、支持療法や歯科治療にあたっています。

歯科口腔外科からひとこと

わたしたちは、口からがん患者さんを支えることで、口のトラブルに悩まずに予定通りにがん治療を受けることができるようにサポートします。こうした取り組みは静岡がんセンター以外にも徐々に広がり、どこの病院でがんの治療を受けても、患者さんがどこに住んでいても、自宅近くの歯科医院で口のチェックを行えるようにすることを目標とした全国レベルの連携体制の構築を進めています。また、患者さん自身のセルフケアも重要な治療のひとつです。口腔ケア方法に関してわからないことがある場合は歯科口腔外科までご相談ください。また、がんやがん治療に関連する口のトラブルにも対応しているので、歯や口の中に関する治療中のトラブルや心配なことがある場合にもご相談ください。

専門分野・所属学会・資格

百合草 健圭志(部長)
Yurikusa, Takashi

専門分野

口腔支持療法
がん患者の歯科治療
がん診療医科歯科連携

所属学会・資格等

日本頭頸部癌学会
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本口腔外科学会
MASCC/ISOO member
(Multinational Assositaion of Supportive Care in Cancer/International Society of Oral Oncology)
がん診療医科歯科連携推進協議会

竹内 照美(レジデント)
Takeuchi, Terumi

専門分野

がん患者の歯科治療

所属学会・資格等

日本口腔外科学会
日本頭頸部癌学会
日本癌治療学会
日本顎顔面インプラント学会
日本歯周病学会
日本口腔顔面痛学会

歯科口腔外科

歯科口腔外科