主な診断方法・治療法・手術件数

主な診断方法

心臓MRI検査

心臓の機能や心筋の状態を正確に評価することができます。

冠動脈造影検査

冠動脈疾患の標準的検査法です。手首から血管内にカテーテルを挿入して、冠動脈の状態を画像に映し出します。30分程度で冠動脈疾患の確定診断が可能です。

冠動脈CT検査

冠動脈造影検査のように血管内にカテーテルを挿入することなく冠動脈の狭窄や閉塞などの情報を高い精度で得ることができます。

心筋シンチ検査

静脈に放射性同位元素を注射し、放出される放射線を撮影して、心臓の血液の流れを画像に映し出す検査です。冠動脈だけでなく、心筋の中の細い血管などの血液の流れを調べることができます。

心臓超音波検査

最新のReal time 3Dエコーで、放射線や造影剤を使用することなく、心臓の形状や機能を調べます。

心臓PET検査

心筋の生存および壊死などの状態がわかります。また心臓サルコイドーシスなどの診断にも有用です。

主な治療法

冠動脈疾患

動脈硬化により狭くなった血管にバルーンを使用して拡張する方法や、ステントを留置して冠動脈を拡張する標準的な治療を行っております。ただしがん患者さんにつきましては、抗血栓薬(血液をさらさらにする薬です)の使用に制限がある場合がありますので、患者さんごとによく検討して治療方法を選択しています。

静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症および肺血栓塞栓症)

血栓溶解薬を使用して肺動脈、あるいは下肢の静脈内の血栓を溶かして縮小させる治療を行います。ただし、大きな血栓の場合は、血栓が肺に流れて行くのを予防するために、血管の中にフィルター(下大静脈フィルターといいます)を留置することがあります。フィルターにもいくつか種類があり、患者さんごとに使い分けています。

心不全(薬剤性心筋障害など)

呼吸困難などの重篤な症状の場合は入院の上で治療を行います。病状が安定したら、心筋シンチ、心臓MRI、冠動脈造影などの検査により、原因を特定し治療を行います。抗がん剤による薬剤性心筋障害の場合は、がんの治療担当医とよく相談の上で治療方針を決定します。

不整脈

不整脈につきましては抗不整脈薬を中心とした治療を行います。また徐脈(脈が遅くなることです)の患者さんに対してペースメーカーの植え込みを行うこともあります。

高血圧(薬剤性高血圧を含む)

降圧薬による治療を行います。とくに分子標的薬の影響で血圧が上昇している場合は、がんの治療を継続させるために積極的に降圧治療を行っています。当科ではこのような高血圧の患者様にとって最適な降圧療法を行うべく研究を行っております。

転移性心臓腫瘍

がん治療の進歩により予後が改善したため、癌の治療中に心臓転移を合併する頻度が増加しています。心臓転移の診断と治療(化学療法、放射線治療、心嚢ドレナージなど)を行っています。

原発性心臓腫瘍

心臓に発生する腫瘍は非常にまれですが、当院では超音波検査、CT、MRIなどで診断を行っています。また、診断のために心臓腫瘍の生検を行うことがあります。診断後の心臓腫瘍に対しては抗がん剤治療や放射線治療を行います。

循環器内科

循環器内科