循環器内科について

スタッフ紹介

23001 23003 23004
医長
飯田 圭
医長
村岡 直穂
医長
親川 拓也

 

循環器内科の特徴・考え方

循環器内科では、がん治療が必要な患者さんに合併した冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞)や不整脈、高血圧、心不全、心筋症、弁膜症といった心臓疾患の診断と治療を担当しています。現在、心臓疾患はがんに次いで日本人の死因の第2位となり、高齢化にともなって心臓疾患を合併しているがん患者は年々増加しています。がんセンター内の循環器内科として、がんの治療を滞りなく進められるように、がん治療と併行して心臓疾患の管理を担当します。

静岡がんセンター循環器内科の特徴と治療方針

安心してがん治療が受けられるよう、持病の心臓疾患を管理

過去に心臓疾患を経験した方や現在治療中の方が、がんの治療を希望して受診した場合、まず、心臓ががんの治療に耐えられるかどうか、心臓CT、心臓MRI、心臓超音波、心臓核医学、心臓PET検査など、先進的な医療機器を駆使して正確に診断します。その結果、がんの治療前、あるいはがん治療と並行して、心臓疾患の治療をする場合もあります。心臓疾患があるからといってより有効ながん治療を諦めることなく安全に受けることができるよう、治療科と連携しながらバックアップしていきます。

がん治療による心臓の合併症にも即対応

がんの治療によって新しく生じた心臓疾患(合併症)の管理や治療にすぐ対応できることも、当科の強みです。たとえば、抗がん剤治療中に突然不整脈や急性の心不全を生じた場合は、早急に薬物治療などを始め、その後の再発予防にも対応します。また一部の抗がん剤は長期間投与すると、徐々に心機能が低下したり血圧が大きく変動するなど心臓に悪影響を及ぼす心毒性という副作用があり、抗がん剤治療を断念せざるを得なくなる場合もあります。当科では、できるかぎり抗がん剤の治療を継続できるように、検査や治療でサポートしていきます。

がんと心臓疾患の関連を研究し、質の高い治療を提供

がんそのものが原因の心臓疾患やがんの治療が心臓へ与える悪影響については、現在の医学の進歩をもってしてもまだ明らかでない点が数多く見られます。当科は、がんセンター内に置かれている循環器内科として、がんと心臓疾患に関わる調査や研究を行い、常に高い医療レベルを保つよう努力しています。

循環器内科からひとこと

がんの治療の中には体に負担がかかるものも少なくありませんが、当科では心臓疾患があっても安心してがんの治療に臨めるように、しっかりコンディションを整えていきます。

専門分野・所属学会・資格

飯田 圭(医長)
Iida, Kei

専門分野

循環器一般
総合診療

所属学会・資格等

日本循環器学会(専門医)
日本核医学学会(専門医)
日本内科学会(専門医)
認定産業医

村岡 直穂(医長)
Muraoka, Nao

専門分野

循環器一般

所属学会・資格等

日本内科学会(認定医)
日本循環器学会
日本核医学学会

親川 拓也(医長)
Oyakawa, Takuya

専門分野

循環器一般
心臓腫瘍

所属学会・資格等

日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本核医学会
日本内科学会(認定医)
日本臨床腫瘍学会
日本呼吸器学会
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
日本医師会(認定産業医)
日本緩和医療学会
日本がんサポーティブケア学会

循環器内科

循環器内科