末梢神経障害を起こしやすい抗がん剤について

- 一覧表を示します -

 末梢神経障害の症状は、薬の種類や投与量によって、頻度が異なります。また、同じ薬でも症状の程度は個人差があります。下記に使用する頻度が高く、末梢神経障害を起こしやすい薬剤をまとめてみました。

a)殺細胞性の抗がん剤(*)

(*)殺細胞性の抗がん剤とは
細胞が分裂して増える過程に作用する抗がん剤です。細胞増殖の盛んな細胞を障害します。

一般名※

商品名※

副作用の症状

対象となるがんの種類

パクリタキセル タキソール
パクリタキセル
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、など 非小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、子宮体がん、子宮頸がん、胃がん、食道がん、頭頸部がん、血管肉腫、胚細胞腫瘍
パクリタキセル
(アルブミン懸濁型)
アブラキサン 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、など 乳がん、胃がん、非小細胞肺がん、膵臓がん
ドセタキセル タキソテール
ワンタキソテール
ドセタキセル
手足のしびれ、感覚が鈍い、など 非小細胞肺がん、乳がん、卵巣がん、子宮体がん、前立腺がん、頭頸部がん、食道がん、胃がん
カバジタキセル ジェブタナ 運動のまひ、感覚のまひ、手足のしびれ、手足の痛み、など 前立腺がん
ビノレルビン ナベルビン
ロゼウス
知覚異常、腱反射減弱 非小細胞肺がん、乳がん
ビンクリスチン オンコビン 手足のしびれ、感覚異常、など 白血病、悪性リンパ腫、小児腫瘍、多発性骨髄腫、神経膠腫、褐色細胞腫
ビンブラスチン エクザール 歩行困難、知覚異常、など 悪性リンパ腫、絨毛がん、胚細胞腫瘍、ランゲルハウス細胞組織球症
ビンデシン フィルデシン 筋力低下、しびれ感、知覚低下、など 急性白血病、悪性リンパ腫、肺がん、食道がん
エリブリン ハラヴェン 手足のしびれ、感覚が鈍い、脱力感、など 乳がん、悪性軟部腫瘍
オキサリプラチン エルプラット
オキサリプラチン
手足、口周囲のしびれ、痛み、感覚異常、知覚不全、のどのしめつけ感、など 大腸がん、胃がん、膵臓がん、小腸がん
カルボプラチン カルボプラチン
パラプラチン
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、など 頭頸部がん、小細胞肺がん、睾丸腫瘍、卵巣がん、子宮頸がん、悪性リンパ腫、非小細胞肺がん、乳がん、小児悪性固形腫瘍
シスプラチン シスプラチン
ランダ
手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、聞こえにくい、など 肺がん、頭頸部がん、食道がん、胃がん、胆道がん、卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がん、睾丸腫瘍、膀胱がん、腎盂・尿管腫瘍、前立腺がん、骨肉腫、悪性リンパ腫、悪性骨腫瘍、神経芽細胞腫、胚細胞腫瘍、小児悪性固形腫瘍、悪性胸膜中皮腫
ネララビン アラノンジー 手足の痛み、しびれ、感覚麻痺、筋力低下、など T細胞急性リンパ性白血病、T細胞リンパ芽球性リンパ腫

 

b)分子標的型の抗がん剤(*)

(*)分子標的型の抗がん剤とは
がん細胞に存在する特殊な物質をピンポイントで攻撃する抗がん剤です。

一般名※

商品名※

副作用の症状

対象となるがんの種類

ボルテゾミブ ベルケイド 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、手足の力が入らない、物がつかみにくい、など 多発性骨髄腫、マントル細胞リンパ腫、原発性マクログロブリン血症、リンパ形質細胞リンパ腫
イキサゾミブ ニンラーロ しびれ、チクチク感、ピリピリ感、痛み、手足に力が入らない、手足が燃えるように熱い、など 多発性骨髄腫
ロミデプシン イストダックス しびれ、痛み、知覚異常、など 末梢性T細胞リンパ腫
ギルテリチニブ ゾスパタ 感覚異常、知覚異常、手足のしびれ、手足の痛み、など 急性骨髄性白血病
トラスツズマブ エムタンシン カドサイラ 手足のしびれ、痛み、など HER2陽性の乳がん
ブレンツキシマブ ベドチン アドセトリス 運動のまひ、感覚のまひ、手足のしびれ、手足の痛み、筋力低下、など CD30陽性のホジキンリンパ腫、CD30陽性の末梢性T細胞リンパ腫
オビヌツズマブ ガザイバ 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など CD20陽性のろ胞性リンパ腫
ブリナツモマブ ビーリンサイト 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など B細胞性急性リンパ性白血病
ロルラチニブ ローブレナ 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など ALK陽性の非小細胞肺がん
エヌトレクチニブ ロズリートレク 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形がん、ROS1陽性の非小細胞肺がん
エンコラフェニブ ビラフトビ 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など BRAF遺伝子変異を有する、悪性黒色腫(メラノーマ)および大腸がん
ビニメチニブ メクトビ 筋力低下、手足のしびれ、痛み、など BRAF遺伝子変異を有する、悪性黒色腫(メラノーマ)および大腸がん
ペミガチニブ ペマジール 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍くなる、など 胆道がん

 

c)免疫治療薬(*)

(*)免疫治療薬とは
自分の免疫細胞が、がん細胞を排除しようとする働きを助ける薬です。副作用の症状が出現する時期は予測困難です。

一般名※

商品名※

副作用の症状

対象となるがんの種類

 ニボルマブ  オプジーボ 感覚異常、知覚異常、手足のしびれ、手足の痛み、など 悪性黒色腫(メラノーマ)、非小細胞肺がん、腎細胞がん、頭頸部がん、胃がん、古典的ホジキンリンパ腫、悪性胸膜中皮腫、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)有する大腸がん、食道がん
 イピリムマブ  ヤーボイ 感覚異常、知覚異常、手足のしびれ、手足の痛み、など 悪性黒色腫(メラノーマ)、腎細胞がん、大腸がん、非小細胞肺がん、悪性胸膜中皮腫
 ペムブロリズマブ  キイトルーダ 感覚異常、知覚異常、手足のしびれ、手足の痛み、など 悪性黒色腫(メラノーマ)、非小細胞肺がん、古典的ホジキンリンパ腫、尿路上皮がん、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)有する固形がん、腎細胞がん、頭頸部がん、食道がん
 アテゾリズマブ  テセントリク 手足のしびれ、痛み、筋力低下、など 非小細胞肺がん、小細胞肺がん、PD-L1陽性でホルモン受容体陰性かつHER2陰性の乳がん、肝細胞がん
 アベルマブ  バベンチオ 指先・手足のしびれ、運動のまひ、感覚のまひ、など メルケル細胞がん、腎細胞がん、尿路上皮がん

 

d)その他

一般名※

商品名※

副作用の症状

対象となるがんの種類

サリドマイド サレドカプセル 手足のしびれ、痛み、感覚がなくなる、力が入らない、など 多発性骨髄腫
レナリドミド レブラミドカプセル 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、力が入らない、など 多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、成人T細胞白血病リンパ腫、ろ胞性リンパ腫及び辺縁帯リンパ腫
ポマリドミド ポマリスト 手足のしびれ、痛み、感覚がなくなる、力が入らない、など 多発性骨髄腫

 

※薬の一般名と商品名
 「一般名」とは薬の有効成分を示す名前です。これに対して「商品名」とは製薬企業が医薬品を販売するためにつけた名前です。

抗がん剤治療と末梢神経障害

抗がん剤治療と末梢神経障害