平成27年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 76 143 219 464 1112 2086 4512 4268 1302 73
平成27年度に当院の一般病棟の退院患者数を10桁刻みの年齢階級別で集計しています。
全退院患者数は14,255人です。60歳以上が約71%となっています。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

女性内科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 16.88 9.40 5.88 54.65  
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり 11 23.09 25.05 9.09 56.18  
090010xx97x81x 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等28あり 副傷病あり 33.38  
手術前や手術後、再発の乳癌の抗がん剤治療やホルモン療法などの治療を行っています。日常生活への副作用の影響を考慮し、副作用を最小限にとどめる治療をしています。

 

血液・幹細胞移植科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 90 10.37 17.69 0.00 64.01  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 37 33.78 43.59 2.70 46.49  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 23 37.96 36.93 4.35 65.83  
非ホジキンリンパ腫に対する治療が多くを占めています。この他急性骨髄性白血病や多発性骨髄腫の治療も多数行っています。

 

小児科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 21 11.86 10.26 0.00 16.81  
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 1.46 11.08 7.69 4.54  
070040xx99x3xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 19.13  
小児がんに特化した治療を行っています。全身の骨や筋肉にできる肉腫や芽腫などのほか脳腫瘍や白血病など、他の診療科の医師と連携し治療にあたっています。

 

内視鏡科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 483 5.19 9.20 0.00 72.36  
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 4.75 10.17 0.00 69.60  
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 98 5.34 7.65 0.00 68.17  
胃や食道などの上部消化管、大腸などの下部消化管の早期がんの切除や胆管や膵臓の領域では胆管狭窄時の胆汁排泄などの治療を行っています。また、内視鏡を用いた検査や診断も多数行っています。

 

胃外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 184 18.07 20.63 0.00 68.63  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 115 14.65 16.02 0.87 67.28  
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 9.12 11.26 0.00 73.97  
内視鏡では治療が難しい胃がんに対し手術治療を行っています。開腹手術のほか腹腔鏡下手術も行っており多様な術式に対応しています。

 

大腸外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 240 10.78 17.41 0.42 67.75  
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 副傷病なし 109 11.25 18.36 1.83 63.83  
060040xx03x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 8.97 13.41 0.00 63.41  
大腸に対する外科治療を行っています。開腹手術のほか体に負担の少ない腹腔鏡下手術を行っています。

 

肝・胆・膵外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2なし 112 11.53 16.29 0.00 67.41  
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 84 29.82 25.68 0.00 66.04  
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 7.59 10.10 3.28 69.59  
肝臓、胆のう、膵臓の手術治療を行っています。肝切除に次いで膵臓の切除も多数行っており、術式も開腹のほか腹腔鏡下手術も実施しています。

 

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 172 4.60 6.79 0.00 59.74  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 111 11.32 11.63 0.00 55.07  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 109 10.19 10.37 0.00 57.43  
乳癌の手術治療を行っています。専門性の高い乳腺画像診断医や病理診断医と連携し適切な診断、薬物治療を担当する女性内科と連携し、適切な治療を導き出しています。

 

IVR科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 335 7.53 11.98 0.60 72.08  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 108 5.42 9.02 0.00 73.12  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 6.00 10.55 0.00 71.27  
肝細胞がんに対するラジオ波凝固療法や肝動脈化学塞栓療法や診断目的の血管造影を始め、奥深い位置にできた腫瘍を超音波画像やCTスキャンの画像で確認しながら採取する深部組織の画像誘導下生検などを行います。当院では320列Area Detector CTを搭載した高性能なIVR-CTを有しており、安全で精度が高い検査や治療を実施しています。

 

食道外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2なし 41 22.22 27.54 2.44 67.27  
060010xx97x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 15.66  
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 11.98  
進行度などによって、手術や抗がん剤治療、内視鏡治療、放射線治療のうちのいずれか、あるいはいくつかを組み合わせて行われます。こうした治療のうち「手術」を担当しています。胸腔鏡下手術も行っています。

 

再建・形成外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 37 7.08 6.60 0.00 50.57  
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 13 4.08 10.59 0.00 53.31  
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 16.51  
がんの切除手術を担当する頭頸部外科、皮膚科、整形外科、乳腺外科、食道外科、眼科など他科と協力しながら、整容面と発声、嚥下、運動といった機能面の両方を考慮した再建手術を行っています。

 

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 336 12.63 13.03 0.00 67.79  
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 3.92 3.29 0.00 73.08  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15.00  
胸部にある肺・気管・気管支・縦隔・胸壁・横隔膜といった「呼吸器」のがんに対する外科治療を行っており、もっとも多いのが肺がんの治療です。また、肺から発生したがんだけでなく、ほかの臓器に発生したがんが肺などの呼吸器に転移した「転移性腫瘍」の外科治療も行っています。

 

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 553 6.29 13.38 0.00 67.25  
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 272 6.74 12.92 0.00 63.46  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 235 17.64 15.00 15.00 70.62  
進行肺がんに対する抗がん剤治療や放射線化学療法を中心に、苦痛をやわらげる緩和医療も含めた包括的な内科治療を行っています。

 

頭頸部外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 175 14.66 12.32 0.57 66.97  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 66 9.59 9.55 0.00 58.44  
03001xxx01110x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 54 35.41 42.50 3.70 64.28  
眼と脳を除き、鎖骨より頭側にできる「頭頸部がん」の外科治療を行っています。放射線(陽子線)治療科、消化器内科(化学療法担当)、再建・形成外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、内視鏡科など多くの科と連携し、最適な治療方法を導き出し、治療をすすめています。

 

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 2.11 3.07 2.74 71.48  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 34 3.91 4.87 0.00 74.09  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 11.76  
がんの治療を滞りなく進められるように、がん治療と併行して心臓疾患の管理を担当しています。

 

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 235 6.89 9.95 0.00 67.58  
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 101 4.94 6.67 0.00 64.04  
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 97 9.25 14.34 0.00 61.71  
頭頸部から、食道、胃、胆嚢、胆管、膵臓、大腸、肛門に至るまで、消化にかかわる幅広い臓器のがんに対するがん薬物治療を行っています。術前および術後に行う補助療法や、放射線治療との併用療法など、さまざまながん薬物療法を扱います。

 

整形外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 98 5.79 10.26 0.00 54.82  
070041xx99x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし 95 3.06 8.63 0.00 56.15  
070040xx99x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし 62 4.45 13.38 0.00 52.13  
骨や軟部組織(筋肉、神経、血管、脂肪組織のような内臓以外の柔らかい組織)に発生した悪性腫瘍(肉腫)と良性腫瘍の診断および治療を行っています。がんの根治を目指すと同時に、できるだけ生活機能に影響が出ないよう、個人個人に合わせた治療計画を作成し、他の診療科と連携しながら治療を進めています。

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 13.93 22.55 0.00 57.04  
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 22.11 11.08 10.53 62.21  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 5.21 7.03 0.00 66.71  
脳の悪性腫瘍、良性腫瘍の治療のほか他の臓器にできたがんの脳転移やがんに合併した脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)や頭部のケガの管理など、がん患者の頭蓋内に発生する疾患に対応しています。

 

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 226 4.90 7.59 0.00 70.96  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 113 5.19 12.36 0.00 66.19  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 77 11.09 14.03 0.00 64.95  
泌尿器(腎、尿管、膀胱、尿道)、と男性生殖器(精巣、前立腺、精嚢、陰茎)、および副腎に発生した悪性腫瘍の診断と治療をおこなっています。前立腺がんでは通常の開腹手術に加えてロボット支援手術、腎がんでは腹腔鏡下手術も行っています。

 

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 5.50 14.02 0.00 73.53  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 32 7.44 10.49 0.00 69.03  
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 14 12.57 15.91 0.00 62.93  
皮膚に発生したがんの治療だけでなく、全てのがんの患者さんの治療にも対応しています。例えば抗がん剤の治療で生じる皮膚・爪の障害や脱毛などの皮膚障害の対策にはどの科の患者さんにも始めから皮膚科医がサポートしています。

 

婦人科

DPCコード DPC名称 患者
平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 535 3.94 5.33 0.93 59.01  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 232 2.83 5.17 0.00 58.50  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 88 13.09 13.97 1.14 56.02  
女性器(女性生殖器)に発生するあらゆるがんの診断と手術、薬物療法を行っています。手術では、開腹手術のほか体に負担のすくない腹腔鏡下手術にも対応しています。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 725 103 139 319 36 1 1 6,7
大腸癌 133 70 220 170 58 55 1 6,7
乳癌 196 183 48 24 19 9 1 6,7
肺癌 351 210 455 1057 16 30 1 6,7
肝癌 219 155 97 27 9 0 1 6,7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の5大がんについて、集計期間に入院治療した患者さんの人数を初発はUICC分類別および再発について集計しました。
初発は、がんの診断、初回治療を行った場合、再発は初回治療以降の継続治療を行った場合として集計しています。

人数は延べ数としています。たとえば複数回入院している患者さんの場合はそれぞれを1例として数えます。
※院内がん登録の患者数とは異なります。

UICC分類とは、国際対がん連合(UICC)で定められたがんの分類方式です。原発がんの大きさ、広がり、深さをT、原発がんの所属リンパ節転移の状況をN、他の臓器への遠隔転移状況をMとして、区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 9.96 57.17
重症度 1 24 15.21 73.46
重症度 2 21 14.33 71.76
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
入院のきっかけとなった病名およびもっとも医療資源を投入した病名が、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎であって、病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞の急性炎症(市中肺炎)の患者さんが対象となります。
日本呼吸器学会の成人市中肺炎ガイドラインによる重症度分類を用いて集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルス性肺炎や誤嚥性肺炎、気管支炎などは対象外です。患者数は軽症と中等症が同数ですが、重症度が上がっているため中等症の方が平均在院日数は長くなっています。

 

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 14 16.00 69.71 21.43
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

入院中にもっとも医療資源を投入した傷病名のICD10コード(WHOが世界保健機関憲章に基づき作成した傷病名の分類)の上3桁により集計しています。発症3日以内の脳梗塞の患者さんが最多となっています。

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

女性内科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 4.00 8.86 0.00 53.29  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)  
進行・再発乳がんに対する薬物療法(内分泌療法・化学療法・分子標的療法)を行っています。抗がん剤治療のため静脈内持続注入用植込型カテーテル設置する場合もあります。

 

血液・幹細胞移植科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)自家移植 13 13.46 2.15 0.00 60.38  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)  
自分の造血幹細胞を予め採取して保存しておき、大量の抗癌剤による強力な化学療法を行った後に、採取しておいた造血幹細胞を戻す自家移植やドナーから提供された造血幹細胞を移植する同種造血幹細胞移植をおこなっています。

 

内視鏡科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 491 0.02 4.24 0.00 72.30  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 187 1.00 3.32 0.00 68.95  
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 116 0.05 3.73 0.00 69.49  
早期胃癌に対する粘膜下層剥離術を最も多く行っております、大腸や食道などの早期がんの粘膜下層剥離術も多く行っています。

 

循環器内科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 30 1.20 2.37 0.00 73.60  
K620 下大静脈フィルター留置術  
K597-2 ペースメーカー交換術  
狭くなった血管にバルーンを使用して拡張する方法や、ステントを留置して冠動脈を拡張する治療を行っています。下肢の静脈内の血栓が肺に流れて行くのを予防するために、血管の中にフィルターを留置する治療なども行っています。

 

胃外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 110 2.69 11.69 0.91 67.54  
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 74 4.36 13.18 0.00 70.26  
K6572 胃全摘術 悪性腫瘍手術 72 4.32 16.79 0.00 69.17  
開腹手術のほか腹腔鏡を用いた低侵襲の手術も多く行われています。

 

大腸外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 234 2.76 7.10 0.43 67.93  
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術 切除術 62 2.90 6.79 1.61 64.74  
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 46 3.63 9.30 2.17 65.72  
腹腔鏡下での手術を多く行っています。また、できるかぎり肛門を温存し、永久人工肛門にならない手術を行っています。

 

肝・胆・膵外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 57 5.61 33.70 0.00 68.65  
K6951 肝切除術 部分切除 37 2.00 9.24 0.00 68.05  
K6955 肝切除術 2区域切除 31 2.65 18.32 3.23 66.55  
膵臓がん、肝臓がんの手術を多く行っています。

 

乳腺外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 171 1.02 2.57 0.00 59.75  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 110 1.29 7.98 0.00 57.56  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 89 1.00 9.34 0.00 55.15  
乳がんに対して、病状に合わせた適切な切除を行っています。小範囲の乳がんに対しては乳房温存療法(乳房部分切除術+放射線療法)、広範囲もしくは進行した乳がんに対しては、乳房全摘術(希望、進行度に合わせて乳房再建)を行います。

 

IVR科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6153 血管塞栓術(その他のもの) 302 1.14 5.73 0.33 72.14  
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 99 0.99 3.49 0.00 72.60  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)選択的動脈化学塞栓術 37 1.00 4.38 0.00 72.00  
がんに栄養を供給している血管から抗がん剤と塞栓物質を流して血管を塞ぎ、がんを兵糧攻めにする肝動脈化学塞栓療法や、電極針という特殊な針を患部に刺入し、通電によって生じる熱で腫瘍を焼灼するラジオ波焼灼療法を行っています。

 

食道外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 22 2.27 20.19 0.00 66.36  
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 15 3.07 23.07 0.00 66.73  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)  
胸腔鏡下での食道がんの手術を多く行っています。また、消化管再建を併施する手術も行っています。

 

再建・形成外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 27 1.00 4.19 0.00 52.63  
K628 リンパ管吻合術 13 0.77 2.31 0.00 53.31  
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)乳房再建術の場合 11 1.00 10.73 0.00 49.27  
乳房の再建を多く行っています。その他、リンパ管の吻合術や瘢痕拘縮形成手術などを行っています。

 

呼吸器外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 110 3.10 9.90 0.00 69.05  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 82 2.11 7.76 0.00 64.60  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 77 2.71 10.06 1.30 68.81  
肺癌の手術が最も多く、胸腔鏡下での低侵襲な手術も行っています。

 

呼吸器内科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 20.79 37.79 0.00 67.29  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)  
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)止血術  
抗がん剤治療や抗がん剤と放射線治療を組み合わせた化学放射線療法などを行っています。抗がん剤治療などのための中心静脈注射用植込型カテーテルや静脈内持続注入用植込型カテーテルの設置も行っています。

 

頭頸部外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む) 51 1.57 13.94 0.00 65.98  
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 46 1.70 6.67 0.00 57.72  
K4691 頸部郭清術 片側 46 1.89 8.30 0.00 67.76  
咽頭悪性腫瘍手術が多く、この他甲状腺癌や舌癌などの種々の頭頸部外科的切除を行っています。

 

消化器内科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合 125 2.38 9.77 0.00 62.02  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 68 3.44 29.10 0.00 61.09  
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 41 1.88 23.51 2.44 67.41  
切除不能、再発の消化器症例に対する化学療法、術後補助化学療法などを行っています。

 

整形外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 40 1.45 15.15 2.50 59.08  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 38 0.79 3.32 0.00 54.32  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 17 0.82 7.06 0.00 53.24  
骨や軟部組織(筋肉、神経、血管、脂肪組織のような内臓以外の柔らかい組織)に発生した悪性腫瘍(肉腫)の手術が多く行われていますが、良性の腫瘍でも手術的治療が有用と考えられる場合には手術をしています。

 

脳神経外科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 45 4.96 19.96 2.22 58.93  
K171-2 内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術 11 1.73 7.91 0.00 46.82  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 11 3.73 26.00 27.27 62.91  
頭蓋内腫瘍摘出術や内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術などの手術を行っているほか、転移性脳腫瘍や脳卒中などへの対応もしています。

 

泌尿器科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 133 1.47 2.46 0.00 70.82  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 97 1.08 2.93 0.00 71.29  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 77 1.99 8.10 0.00 64.95  
通常の開腹手術のほか、腎がんでは腹腔鏡下手術、前立腺がんではロボット支援手術も行っています。

 

皮膚科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 91 0.49 4.99 1.10 72.12  
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 12 0.08 1.08 0.00 65.50  
K0071 皮膚悪性腫瘍切除術 広汎切除  
皮膚がんの手術治療や抗がん剤治療、転移の早期診断や手術の簡略化(縮小化)を図るためセンチネルリンパ節生検を行っています。

 

婦人科

Kコード 名称 患者
平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 113 0.01 1.99 0.00 41.48  
K879 子宮悪性腫瘍手術 64 2.20 10.63 0.00 53.77  
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 51 2.08 9.43 0.00 57.29  
子宮がんの手術、子宮付属器(卵巣・卵管)に対する手術を行っております。手術や抗がん剤治療、放射線治療などの治療をしています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 13 0.09
異なる 13 0.09
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 0.46
異なる
化学療法に伴う好中球減少症が多く見られます。合併症に対しては、感染対策チームがラウンドし、術創感染の減少などに努めています。

 

更新履歴

2016年9月29日機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

静岡がんセンター 病院指標

静岡がんセンター 病院指標