レジデント向け情報

研修の特徴

当科が診療する主な疾患は肺がん、中皮腫、胸腺腫瘍です。これらの疾患の診断と化学療法を主体とした治療のみならず、緩和医療まで幅広くがん診療に携わることができます。前向き臨床研究や企業治験なども数多く行っており、エビデンスが確立されていく過程を実際に体験できます。さらに、当科は当院における一般呼吸器診療を担う役目もあり、がん患者さんの併存症としてのCOPDや気管支喘息などのアレルギー性疾患、合併症として生じる気胸や間質性肺疾患(薬剤性肺障害・放射線肺障害など)などの幅広い呼吸器疾患についてコンサルトを受けることが多く、一般呼吸器診療についても幅広く知識をもつことが必要とされています。呼吸器専門医・指導医も揃っており、がん診療に限らず幅広く呼吸器疾患について学ぶことができます。気管支鏡検査は年間600例ほど行っており、高い技術をもつスタッフより指導を受けることができます。気管・気管支ステントや焼灼術などのインターベンションも積極的に行っています。また、科内カンファレンスを週1回、外科・放射線治療科との合同カンファレンスを週2回行い、各症例の治療方針について検討を行っています。

これらの臨床研修だけでなく、各種自己研究(後ろ向き研究や前向き臨床試験、トランスレーショナルリサーチなど)について自らテーマを決めて取り組むことができます。また、国内学会やセミナーだけでなく、レジデント期間中に海外の学会にも参加することができます。

研修コースと研修内容

レジデントコース(3年)、チーフレジデントコース(2年)、がん薬物療法専攻修練医コース(1年、2年)、短期研修コース(3か月、6か月、1年など)が選択できます。レジデントコースは一般呼吸器科としての研修も経験された卒後3年目以降の先生を対象としており、当科で1年6ヶ月ほど研修を行い、それ以外の期間は主に消化器内科・女性内科(乳腺)・血液内科・病理診断科・放射線治療科などの他の診療科をローテートし、幅広くがん診療について学びます。チーフレジデントコースは卒後8年目以降の先生を対象としており、主として当科で研修を行いますが、3ヶ月間のみ他の診療科をローテート可能です。がん薬物療法専門医コースは卒後6年目以降の先生を対象にあらかじめ定められた診療科をローテートします(別途、募集要項をご参照下さい)。コースごとに、総研修期間や他の診療科を選択できる研修期間が異なりますが、呼吸器内科の研修内容においては大きな差異はありません。当科ではスタッフとペアとなり診療を行います。研修内容は研修して下さる先生のご希望に沿うことができます。

レジデントの声

小林玄機 医師(平成26年から研修中)

皆様、こんにちは!私は現在、医局に所属せず呼吸器内科医をしております。肺がん診療の経験を増やしたいということとエビデンスはどのようにして作られるのかを知りたくて、卒後6年目に静岡がんセンター(通称:静がん(シズガン))に来ました。静がんは他の病院と異なり(?)、他科との壁や職種の違いによるストレスが一切ありません。日々、数多くの論文やASCOの発表などインターネットを通じて勉強することが出来ます。またスタッフの先生方のフットワークが軽快であり、仕事に対して文句を言う人はいません。これもモチベーション向上に繋がると思います。是非、一度見学に来ていただき、一緒に働けたらと思います。では。

笠原礼光 医師(研修期間2年)

私は地元の大学の医局に所属し、国内留学として静岡がんセンターへ来ていました。多くの治験や臨床試験を手がけている静岡がんセンターにて高いレベルの臨床や研究に接することができ、勉強する毎日です。スタッフの先生方は大変優しく、働きやすい職場です。臨床研究から研究所での基礎研究まで、アイディア次第で自分自身で行うチャンスがあります。また定期的にコメディカルの方も参加されている勉強会があり、病院全体として仕事をしていこうという雰囲気があります。一度見学に来てみてください。

藤原拓海 医師(平成26年から研修中)

私は三重県から卒後5年目で静岡がんセンターに来ました。平成26年は短期研修コース(12か月)として呼吸器内科で多数の肺がん診療を経験し、平成27年4月からはがん薬物化学療法専攻修練医コースに転向し、専門とする呼吸器内科とともに様々な診療科を計2年間ローテーションし、がん診療を多方面からさらに勉強する予定です。当科ではエビデンスに基づいた化学療法はもちろん、臨床試験や治験も数多く経験でき、気管支鏡などの手技もたくさん経験できます。また、スタッフの先生方は、嬉しい事も悲しい事も気に掛けて下さり、本当に温かな先生方に囲まれて勉強ができる最高の環境です。まずは見学に来て下さい。

中島和寿 医師(研修期間2年)

平成25年から勤務しているレジデントです。当科先生方はとても指導熱心です。若手に多くのチャンスをくださり、学会発表・論文執筆など多数できます。レジデントが新規臨床試験を立案することもでき、実際私も前向き試験の研究事務局を務めています。当院では診療はもちろん臨床研究においても多くのことを経験でき、新たなエビデンス作りに参加することができます。同年代のレジデントも多く、お互い刺激し合いながら、楽しくがん診療と臨床研究をしています!
 また、他科ローテーションも当院研修の特徴です。私は、2-3か月ずつ、消化器内科・血液内科・女性内科・放射線治療科・IVR科・緩和診療科・病理診断科の研修をしました。ローテーションでは、①他臓器のがん治療の勉強ができ、呼吸器以外の臓器特有の病態・症状のマネージメントが出来るようになります!②肺癌診療に密接に関わる病理診断・放射線治療・緩和治療などを専門スタッフの指導の下、経験できます!③そしてがん診療の視野が広がります!・・・などなど魅力がいっぱいです。
 がん診療・臨床研究に興味のある方、ぜひ一度見学にいらしてみてください。当院最寄り駅の三島は新幹線が止まるので(東京まで1時間弱)、アクセスもいいですよ(笑)!

川村 卓久 医師(平成26年から研修中)

こんにちは。私は兵庫県から平成26年にこちらに移住し、がん薬物療法レジデントとして勤務しています。専門医取得のための症例を経験しながら、充実した日々を送っております。当院はhigh volume centerとして、呼吸器内科をはじめ各科とも豊富な症例を経験できます。そして臨床で疑問を持った点をそのまま研究の形で発案・発信できる土台がこの病院にはあります。スタッフの先生方、統計の先生も気軽に相談に乗って下さります。この病院で研修を積めば、自信を持ってがん診療に臨むことが出来るようになると思います。
 静岡は気候も温暖で過ごしやすいところです。休日は富士山を眺めながら伊豆箱根の温泉で日々の疲れを洗い流しましょう。一度見学に来て頂ければ、きっと当院の良さを分かって貰えると思います。

募集情報

呼吸器内科はいつでもレジデントを募集しており、受け入れ体制はできています。当科での研修をお考えであれば、診療風景を見て頂きたいと思いますので、是非一度見学にお越し下さい。当科レジデントが喜んでご案内させて頂きます。見学時期や見学期間について特に決まったものはありませんので、お気軽にご相談下さい。呼吸器内科一同、共に働くレジデントをお待ちしています!

呼吸器内科

呼吸器内科