婦人科について

スタッフ紹介

10001 10002 10003 10004 10007
婦人科
部長 平嶋 泰之
医長
武隈 宗孝
医長
安部 正和
医長
髙橋 伸卓
副医長
角 暢浩
10001
副医長
笠松 由佳
レジデント・非常勤医師
チーフ
レジデント
吉岡 恵美
非常勤医師
望月 亜矢子
     

婦人科の特徴・考え方

婦人科では、女性器(女性生殖器)に発生するあらゆるがんの診断と治療を担当しています。20代後半から40歳前後の若い世代に多い子宮頸がんのほか、子宮体がん、卵巣がん、卵管がん、膣がん、外陰がん、絨毛がんなどが対象です。
婦人科系のがんの治療は、がん治療の3本柱である、手術、放射線治療、薬物療法のいずれか、あるいは組み合わせが基本です。婦人科は放射線治療以外の治療を担当しています。

静岡がんセンター婦人科の特徴と治療方針

国内有数の婦人科がん症例数

当科による婦人科がんの治療例数は国内有数で、手術、放射線治療、抗がん剤治療いずれも数多くの治療経験があります。豊富な経験に基づいて適切な治療方針の決定や、安全で根治性の高い手術、適切な抗がん剤治療と副作用対策などを日常的に行い、優れた治療成績を得ています。

基本は「最も効果が期待できる治療」

当科では、日本婦人科腫瘍学会や米国のNCCN(National Comprehensive Cancer Network)から提示された治療ガイドラインなどEBM(evidence-based medicine;根拠に基づいた医療)に沿った「標準治療」を基本としています。現段階で最も治療成績がいいと評価された確実な治療と言えるものです。

本人が納得できるがん治療を提供する

治療の基本は、現段階で最も効果が期待できる「標準治療」ですが、患者さんの希望は「がんを取りきるよりも臓器を残すことを優先してほしい」「体に負担がかかる治療はやめてゆっくり過ごしたい」「状況は厳しくても積極的な治療に挑戦したい」など、価値観や取り巻く環境によって異なります。当科では患者さんひとりひとりの思いに寄り添い、婦人科内はもちろん、放射線治療科、病理診断科が集まって、最適な治療方針を検討しています。また患者さんが"納得のいくがん治療"を選択できるように最新かつ正確な情報の提供に努めています。

体に負担の少ない「腹腔鏡下手術」にも対応

おなかに開けた小さな穴からカメラや手術器具を入れて行う「腹腔鏡下手術」は、通常の開腹手術よりも体への負担が少ない方法として注目されています。当科には腹腔鏡下手術の技術認定医が在籍しており、適応のある患者さんには積極的に行っています。

進行がんや再発がんでもできるかぎり手術を

がんが周囲の臓器に浸潤した場合や転移がある場合、一般の病院では手術はできないと診断されることもあります。当科では婦人科関連以外の臓器も含めて手術で摘出する拡大手術が可能かどうかを検討し、手術を行う利点があると判断される場合には、関連する外科医と合同で手術を行います。

新しい治療法の開発に参加

当科では新しい治療法の開発・確立を目指して、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)、婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)、関西臨床腫瘍研究会(KCOG)など多くの臨床試験に参加し、新しい薬剤の開発研究である治験にも積極的に取り組んでいます。

婦人科からひとこと

さまざまな治療法を上手に使って"納得の行くがん治療"を行うことが、がん専門病院の大きな使命だと考えています。ただし、どの治療法にも副作用や合併症が起こり得るので、患者さんとこれらについてもよく話し合って治療方針を考えていくことが必要です。そのためには、正確な病状を患者さん、ご家族、医療者間で共有することが肝要なため、全例に包み隠しのない病状説明を行い、その上で方針を相談させていただきます。
"納得の行くがん治療"のためにはセカンドオピニオンが非常に役立つこともあります。他医療機関から当科への、あるいは当科から他医療機関へのセカンドオピニオンも積極的に行っていますので、お気軽にご相談下さい。

専門分野・所属学会・資格

平嶋 泰之(部長)
Hirashima, Yasuyuki

専門分野

婦人科腫瘍学

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医、代議員)
日本婦人科腫瘍学会(専門医、理事)
日本癌治療学会(代議員)
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本癌学会
日本臨床細胞学会
日本臨床腫瘍学会
日本がん転移学会
日本産婦人科手術学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)(臨床試験審査・倫理委員)
日本産科婦人科内視鏡学会
日本HBOCコンソーシアム
医学博士

武隈 宗孝 (医長)
Takekuma, Munetaka

専門分野

婦人科腫瘍学

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
日本婦人科腫瘍学会(専門医、評議員)
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本臨床細胞学会(細胞診専門医、静岡県支部理事)
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本産婦人科手術学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)(理事、GOGJapan委員、子宮頸がん委員、教育委員)
医学博士

安部 正和 (医長)
Abe, Masakazu

専門分野

婦人科腫瘍学

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
日本婦人科腫瘍学会(専門医)
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本癌治療学会
日本緩和医療学会
日本生殖医学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)
婦人科腫瘍の緩和医療を考える会
医学博士

髙橋 伸卓(医長)
Takahashi, Nobutaka

専門分野

婦人科腫瘍学
腹腔鏡手術

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
日本婦人科腫瘍学会 (専門医、評議員)
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本臨床細胞学会(細胞診専門医)
日本性感染症学会(認定医)
日本産科婦人科内視鏡学会(技術認定医)
日本内視鏡外科学会(技術認定医)
日本癌治療学会
日本臨床腫瘍学会
日本産婦人科手術学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)

角 暢浩(副医長)
Kado, Nobuhiro

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
日本婦人科腫瘍学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)
日本癌治療学会
日本産婦人科手術学会
日本婦人科がん検診学会
日本臨床細胞学会

笠松 由佳(副医長)
Kasamatsu, Yuka

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
検診マンモグラフィ読影認定医
ACLSインストラクター
日本婦人科腫瘍学会

吉岡 恵美(チーフレジデント)
Yoshioka, Emi

専門分野

産婦人科全般

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医)
日本がん治療認定医機構(認定医)
日本婦人科腫瘍学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)
日本産科婦人科内視鏡学会

望月 亜矢子(非常勤医師)
Mochizuki, Ayako

専門分野

腹腔鏡手術

所属学会・資格等

日本産科婦人科学会(専門医、指導医)
日本産科婦人科内視鏡学会(技術認定医)
日本内視鏡外科学会(技術認定医)
日本婦人科腫瘍学会
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)

婦人科

婦人科