多職種がん専門レジデント制度について

目的

静岡がんセンターでは、日本のがん医療におけるトップレベルの医療者を育成するために、医師レジデント制度に次いで、多職種がん専門レジデント制度を創設しました。
この制度の目的は、がん医療を実践する看護師、薬剤師、臨床検査技師など13職種について、各分野における最高水準の実践力を持つ医療者を育成すること、また、日本全国に先駆けて独自の多職種チーム医療を定着させた静岡がんセンターで研修を積むことにより、全国に多職種チーム医療を推進できる人材を育成することです。
さまざまな医療職を対象とした総合的なレジデント制度であること、実践力の強化ばかりでなく、多職種チーム医療の推進を目的としているレジデント制度は他に例が無く、平成20年の創設以来、30名余の多職種医療者が研修を終え、日本各地でがん医療の発展に貢献しています。

特徴

このレジデント制度には次の特徴があります。
1.各分野トップレベルの指導者の下での実践研修によって、極めて専門性の高い実践力を修得できる。
2.独自の多職種チーム医療を展開する静岡がんセンターの一員となることによって、多職種チーム医療を理解し、これを推進するリーダーシップやメンバーシップを養うことができる。
3.研修プログラムには、院内の様々な臨床現場や他の職種の実践を見学する全体見学研修が組み込まれており、静岡がんセンターの多職種チーム医療の全体を学ぶことができる。
4.日本臨床腫瘍学会指定のカリキュラムに沿ったプログラム「静岡がんセンター臨床腫瘍学コース」を受講することができ、がん医療に関する専門知識を体系的に修得できる。

制度の概要

(1) 職種

看護師、薬剤師、臨床試験コーディネーター、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療社会福祉士、心理療法士、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、診療情報管理士、歯科衛生士
(2) 身分
静岡県非常勤職員
(3) 研修期間
原則2年間
(4) 導入時期
平成20年4月

募集スケジュール

8月中旬     募集開始
11月16日(金)  応募締切
11月26日(月)  選考実施
12月中旬   合格発表

2019年度採用 募集人員・応募資格

職種
募集人員
応募資格
5人程度
看護師免許取得者でがん看護分野において3年以上の臨床経験もしくは同等の技術があることが望ましい。
3人程度
薬剤師免許取得者または、2019年3月卒業見込みで薬剤師免許取得見込みの者。
2人程度
看護師・薬剤師・臨床検査技師等で、臨床経験があることが望ましい。
2人程度
診療放射線技師免許取得者または、2019年3月卒業見込みで診療放射線技師免許取得見込みの者。
2人程度
臨床検査技師免許取得者または、2019年3月卒業見込みで臨床検査技師免許取得見込みの者。
2人程度
臨床検査技師免許取得者または、2019年3月卒業見込みで臨床検査技師免許取得見込みの者。
1人程度
理学療法士免許取得者で2年以上の臨床経験もしくは同等の技術があることが望ましい。
1人程度 
作業療法士免許取得者で3年以上の臨床経験もしくは同等の技術があることが望ましい。 
1人程度
言語聴覚士免許取得者で3年以上の臨床経験もしくは同等の技術があることが望ましい。
1人程度 
社会福祉士資格取得者で5年以上の臨床経験(うち総合病院、大学病院、がん診療拠点病院等の医療機関での臨床経験が3年以上)があることが望ましい。 
1人程度
臨床心理士(もしくはそれに相当する)資格取得者で3年以上の臨床経験があることが望ましい。
1人程度
CLSの有資格者。もしくはチャイルドライフ学士もしくは修士課程を卒業し、認定資格試験を受験予定の者。
2人程度
診療情報管理士資格取得者等で診療情報管理業務の経験があることが望ましい。
2人程度
歯科衛生士免許取得者で2年以上の臨床経験がある者。もしくは2019年3月卒業見込み(4年生大学のみ)で歯科衛生士免許取得見込みの者。
25人程度
 

研修内容・研修目標および研修スケジュール

職種
研修目標と研修内容
研修カリキュラム

「静岡がんセンター臨床腫瘍学コース」について

(1) 概要

抗がん剤や放射線治療などのがん医療技術の修得に向け、静岡がんセンター及び県内の地域がん診療連携拠点病院の医師、看護師、薬剤師等の医療従事者を対象に、日本臨床腫瘍学会指定のカリキュラムに沿った講義を行います。

(2) 日程

年間35回、1回あたり60分~90分  毎週金曜日に開催

(3) 研修テーマ(予定)

テーマ テーマ
1 人を対象とする医学系研究に関する倫理 19 泌尿器悪性腫瘍の診断と治療
2 がん患者の感染症~好中球減少症を中心に~ 20 インターベーションとOncological Emergency
3 がん医療における倫理 21 骨軟部腫瘍と骨転移
4 統計学を含む臨床研究方法論

~臨床試験に必要な統計的考え方~
22 がんの免疫療法とは

(免疫チェックポイント抗体)
5 疫学・スクリーニング・予防・病因 23 胃がん
6 食道がん 24 肺がん・中皮腫
7 がんの放射線治療 25 原発不明がん
8 ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理 26 結腸がん・直腸がん・肛門がん
9 がんの分子生物学・遺伝子変異

~プロジェクトHOPEを中心に~
27 小児がんとAYA世代の診療
10 痛みの緩和で大切なこと 28 皮膚がん/抗がん剤の皮膚に関する副作用
11 がん治療における標準的な基準 29 婦人科がん(子宮頸がん/子宮体がん/卵巣がん)
12 がん患者における口腔ケア 30 胆・膵がん
13 肝細胞がん 31 がんの病理診断
14 がんのリハビリテーション 32 造血器悪性腫瘍
15 抗がん剤(化学療法) 33 乳がん
16 転移性脳腫瘍の診断と集学的治療 34 胆膵領域の内視鏡治療
17 頭頸部がんの薬物療法 35 がん化学療法の看護~抗がん剤の副作用対策
18 眼のがん/抗がん剤の眼の副作用と対策    

(4) 講師

静岡がんセンター、国立がん研究センターの医師等

多職種がん専門レジデント希望者の病院見学について

祝日を除く平日月曜日から金曜日までの5日以内にて受付しております。

病院見学をご希望される方は、「氏名」「職種(免許等取得年月日)」「連絡先」「見学希望日」を明記の上、scchr34@scchr.jpまでお申し込みください。

お問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター 総務課研究・研修班
電話:055-989-5222  E-mail scchr34@scchr.jp
お問い合わせフォームは こちら

多職種がん専門レジデント募集

多職種がん専門レジデント募集