病理診断科 医師募集

病理診断科の紹介

現在、病理診断科では常勤病理医1名、レジデント数名を募集しています。
 
当科には、常勤病理医7名、非常勤病理医5名が勤務しています。検体数は年間、組織診18,000件(生検13,000件、うち迅速診断1,600件、手術標本4,700件)、細胞診14,000件。消化管、肝・胆・膵、肺、婦人科臓器、乳腺、泌尿器、頭頸、骨・軟部、血液、脳などの腫瘍をそれぞれ臓器分担制により診断しています。コンパニオン診断や遺伝子検査などの分子診断も多数行っています。また、手術検体を用いた遺伝子解析(プロジェクトHOPE:詳しくはこちら)やFFPE標本を用いたがんゲノム医療にも関わっています。当科では各臨床科とのカンファレンス、キャンサーボードに積極的に参加し、臨床医と緊密に連携しています。また、科内では全医師による症例検討や研究ミーティング、抄読会を行い、診断や研究の活性化に勤めています。
 
若手病理医の方へ:当病院はがんの手術件数が多く、さまざまな臓器の腫瘍を系統的に見ることができ、希少がんも豊富です。病理科、臨床科、研究所が連携した研究も盛んに行われています。病理診断や分子病理、研究のために若い力を求めています。一緒に腫瘍病理を勉強しませんか?なお、本病院には慶應義塾大学医学部との連携大学院制度があり、働きながら博士号を取得することも可能です。
 
ご興味をお持ちの方はぜひ、見学に来てください。
 

応募資格等

1 応募資格等  病理診断を専門とし、病理専門医の資格を有するまたは取得見込みのある医師。40歳以下が望ましい。
2 採用予定日 応相談

3 病院概要(R1.10.1現在)

稼働病床数607床(全病床数615床)
医師数239名(常勤155名、非常勤10名、レジデント74名)
4 身  分 地方公務員(静岡県職員)
5 配  属 静岡県立静岡がんセンター 病理診断科
6 待  遇 県給与条例(医療職給料表)等による医師経験年数を考慮して職位等を決定
7 選考方法 書類及び面接選考

 

お問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター  総務課企画人材班
電話:055-989-5743(直通) ● E-mail:scc-jinzai@scchr.jp
お問い合わせフォームは こちら

センター紹介

センター紹介