「AYA week 2021」開催のお知らせ

 AYA世代とは15歳から39歳までの世代を意味し「Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)」を略したものです。AYA世代のがんは毎年約2万人が発症し、国内がん患者の約2%にあたります。

 2018年の第3期がん対策推進基本計画に「AYA世代のがん」の総合的な支援の方向性が示されましたが、AYA世代のがんは希少性と多様性が特徴で、患者数が少なく、多領域にまたがって存在していることなどから、この世代のがん対策を進めることを難しくしています。また、AYA世代は、就学、就労、結婚、妊娠、出産、育児などライフステージが大きく変化する時期でもあり、この世代でがんを発症した場合は医療分野だけでなく、社会全体の幅広くきめ細やかな支援が求められます。AYA世代がん患者のニーズに応えるためには、社会全体の問題として、医療のみにとどまらない様々なリソースとの連携や新しい取り組みが不可欠です。そこで、「(社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会」は、若い世代のがんについて社会に発信していく1週間「AYA week 2021」(3月14日〜21日)を提言しました。

 静岡がんセンターは、数多くのAYAがん診療実績があり、全国に先駆けて2015年にAYA病棟を設立し多職種チームの運用など、AYAがん医療をけん引してきた実績があります。AYAがんの社会啓発および医療の質の向上に向けた取り組みとして、「AYA week 2021」には、発信する・話を聞く・話し合うという3つのコンセプトにより参画いたします。

【プログラム(仮)】

開催日

内容

3/13(土)

 第2回 AYA支援ワークショップ(AYA week プレイベント)

3/14(日)

【ライブ】「難治性AYAがん患者のQOLを考える!(オンラインミニシンポジウム)

3/15(月)

「SCCのAYAがん医療のいまと未来」

上坂院長:静岡がんセンターのAYA世代のがん医療

石田医師(小児科)より

3/16(火)

「AYAがんをうまく治す~PartⅠ」

片桐医師(整形外科):整形外科で治療するAYA世代のがん(骨・軟部肉腫)とその治療
出口医師(脳外科):AYA世代の脳腫瘍~胚細胞腫瘍について~
池田医師(血液内科):AYA世代の白血病と移植医療
尾上医師(放陽治センター):放射線・陽子線治療

3/17(水)

「AYAがんをうまく治す~PartⅡ」

坂東医師(胃外科):静岡がんセンターにおけるAYA世代胃がんの現状
西村医師(乳腺外科):若年性乳がん・妊孕性
笠松医師(婦人科):子宮頸がんの予防と早期発見
小野澤医師(原発不明科):AYA世代と希少がん

3/18(木)

「若者たちの未来を支えるサポーティブケア」

清原医師(多職種チーム医療推進委員会):SCC多職種チーム医療推進委員会による支援~AYA・こどもサポートチームの発足・起動と多職種チーム医療推進委員会の関わり~
御牧MSW:AYA世代のがんの闘病生活について~治療中の教育や就労などの社会生活への支援~
はさば心理士(緩和医療科):AYA世代の「こころ」のこと~心理社会的な支援について~
池内薬剤師・川岸薬剤師・杉山薬剤師(薬剤部):抗がん剤治療と晩期合併症について
岡山PT:小児、AYA世代における身体活動量の重要性について
田尻寿子OT:AYA世代・ライフステージに必要とされる「生活行為」への支援~作業療法士(リハビリテーション科)のかかわり~
的場CN(看護部):若年性乳がんと妊孕性~AYAがんをうまく治す~

3/19(金)

「治療中だからってあきらめさせない。若者たちの夢と希望をまもる」

松本師長(6東病棟)より
西本CLS(小児科)・津村CNS(看護部):多職種協働によるAYAがんチーム医療の体制~AYA患者さんをチームで支える~
常石CLS(小児科):こどももケアの輪の中に~こどもを持つがん患者さん・ご家族への支援~

カテゴリー

カテゴリー