若手看護師の声

5階東病棟 日原 実来

20180822_miku_hihara_w

静岡がんセンターには、患者さんとご家族を中心とした医療を提供できるチーム医療があります。その一員として誇りをもち、かつよりよい看護の実現に向け、充実したサポート体制のもと日々励んでいます。頼もしい先輩方に支えられ、丁寧な教えの中で一つ一つ着実に過程を経て今の自分がいます。周囲の人々と環境に恵まれ、人としても看護師としても大切なことを学びつつ、成長した自分にも出会うことができます。これからも多くの人の支えを得ながら、自分自身もそんな存在になれるよう精進していきたいと思っています。

9階東病棟 森本 凌介

静岡がんセンターでは、がん看護の知識と経験が豊富な先輩方から丁寧な指導をして頂けるだけではなく、実際に先輩方の患者さんとの関わりを見て学ぶことができるため、とても大きな学びが得られ、自身の成長につなげることができます。私にとって、患者さん中心の看護を学ぶことで、患者さんの身体面だけではなく、精神面への介入も考えられるようになったことが一番の収穫です。入職前は新卒で総合病院ではなく専門病院に就職することに迷いもありましたが、今では自分の看護師のベースを静岡がんセンターで作ることができてよかったと思っています。

10階西病棟 荻 奈央美

20180906_o_naomi_w

静岡がんセンターでは患者さん・家族を徹底支援する体制が整っており、多職種チーム医療で患者さん・家族のために日々尽力しています。入職当初は看護とはなにか、と迷い悩む機会が多くありました。そんな時いつも声を掛けてくださり自分自身の大切にしたい看護観を思い出させてくれたのは先輩方でした。病棟の先輩方をはじめとした周囲の人々と環境に恵まれ私は誇りをもって、今現在も静岡がんセンターで働くことができています。これからも患者さん・家族の心に寄り添い安心感を与えることができるよう、看護師として人として成長できるこの環境で頑張っていきたいと思います。

10階東病棟  香川 愛

20180906_m_kagawa_w

現在、婦人科病棟で勤務しています。患者さんは青年期から高齢者までと幅広い年代、また母親の役割や妻の役割を担っている方も多いです。その人たちの背景を知り、寄り添った看護ができるように先輩のご指導のもと日々奮闘しています。当病院では理念でも掲げている「患者さんの視点の重視」を大切にし、患者さん中心の医療を実践しています。そのために必要な知識・技術を学べる環境が整っていると思います。まだまだ未熟な私ですがその一員として働けることに感謝し、今後も成長していけるように日々勉強を続けていきたいと思います。