再建・形成外科について

スタッフ紹介

14001 noimage noimage
再建・形成外科
部長 中川 雅裕
 副医長
荒木 淳
 副医長
中尾 淳一
レジデント・非常勤医師
チーフ
レジデント
青山 昌平
チーフ
レジデント
木内 智喜
チーフ
レジデント
伊藤 智之
レジデント
藤澤 興
非常勤医師
武石 明精
非常勤医師
井上 啓太
       

再建・形成外科の特徴・考え方

がんの手術では、がんを根治させるために体の一部を切除します。がんが小さければ切除する範囲は小さく済みますが、大きく取らなければならない場合には、見た目が悪くなったり、機能が低下してしまうことも少なくありません。再建・形成外科は、こうした体の形や機能の異常を体の他の部位から組織を移植するなどして治療します。たとえば、乳がんで乳房を全摘したあとの、乳房再建術は、再建・形成外科が担当する代表的な手術と言えます。現在は、再建術として体の他の部分の皮膚、筋肉、骨などを、顕微鏡を用いて血管までつなぎ合わせてがん切除部分に移植する「遊離組織移植」など高度な手術も数多く行われています。これまで手術が困難だった進行がんも、この再建手術を組み合わせることによって機能面や見た目を大きく損なうことなく治療ができるようになるなど、再建・形成外科の役割は重要になってきています。

静岡がんセンター再建・形成外科の特徴と治療方針

がんの切除手術前から計画的に介入

当科は、がんの切除手術を担当する頭頸部外科、皮膚科、整形外科、乳腺外科、食道外科、眼科など他科と協力しながら、整容面と発声、嚥下、運動といった機能面の両方を考慮した再建手術を行っています。がんの切除手術後に再建を考えるのではなく、手術前から計画的に介入し、より良い結果を導き出しています。

術後のケアでより早く機能を改善

手術後も歯科口腔外科やリハビリテーション科、栄養科などと協力し、より早く機能や生活の質を向上させる手助けをしていきます。また、がん手術でリンパ郭清を行うと、術後にリンパの流れが滞ってむくみが生じる「リンパ浮腫」が起こることが少なくありません。当科はリンパ浮腫に対してもリハビリテーション科と協力して治療しています。

再建・形成外科からひとこと

がんを根治させることが最も大切とはいえ、見た目や機能が損なわれることは、体はもちろん精神的にも大きなダメージになります。再建・形成外科ではがんの治療後の生活を見据え、快適に過ごすことができるよう総力でサポートしていきます。

専門分野・所属学会・資格

中川 雅裕(部長)
Nakagawa, Masahiro

専門分野

癌切除後の再建
頭頸部再建
乳房再建
神経再建
腹壁瘢痕ヘルニア
マイクロサージャリー

所属学会・資格等

日本形成外科学会(専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医)
日本創傷外科学会(専門医)
日本外科学会(認定医、専門医)
日本がん治療認定医機構(認定医、暫定教育医)
日本マイクロサージャリー学会(評議員)
日本皮膚悪性腫瘍学会(評議員)
日本皮膚外科学会(評議員)
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(評議員)
日本頭頸部癌学会
日本ヘルニア学会
日本臨床外科学会

荒木 淳(副医長)
Araki, Jyun

所属学会・資格等

中尾 淳一(副医長)
Nakao, Junichi

所属学会・資格等

青山 昌平(チーフレジデント)
Aoyama, Shohei

所属学会・資格等

日本形成外科学会
日本創傷外科学会
日本レーザー医学会
日本褥瘡学会

木内 智喜(チーフレジデント)
Kiuchi, Tomokii

所属学会・資格等

伊藤 智之(チーフレジデント)
Ito, Tomoyuki

所属学会・資格等

藤澤 興(レジデント)
Fujisawa, Ko

所属学会・資格等

再建・形成外科

再建・形成外科