適正な研究活動のための取組

公募型研究費の適正執行に向けた取組

   静岡がんセンターでは、最善のがん医療の提供のために研究を行っています。そのため、科学研究費助成事業(科学研究費補助金、学術研究助成基金助成金)、日本医療研究開発機構委託研究開発費等の公募型の研究費を獲得し、研究活動の一部に充てています。
  これらの公募型の研究費については、適正かつ効率的な執行・管理が重要であり、静岡がんセンターでは、文部科学省科学研究費の指定機関として、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定(平成26年2月18日改正))」等に基づいて体制を整備し、公募型研究費の不正使用防止の取組を行っています。

基本方針・責任体系の明確化

   公募型研究費の執行・管理を適正に行い、不正使用防止を図るため、「研究費の不正使用防止に関する基本方針」を定めています。
  この中で、公募型研究費の執行・管理に関して責任を持つ「最高管理責任者」、「統括管理責任者」、「コンプライアンス推進責任者」を置くこととしています。最高管理責任者は、静岡県がんセンター局長とし、公募型研究費の運営・管理について統括し、最終責任を負うものとしています。統括管理責任者は、静岡がんセンター事務局長とし、最高管理責任者を補佐し、コンプライアンス推進責任者は、静岡がんセンター事務局次長とし、不正防止対策の実施推進を図ることとしています。
   静岡県立静岡がんセンター研究費不正使用防止に関する基本方針

適正な執行・管理のための体制整備

  公募型研究費の経理事務における職務分掌については、「静岡県立静岡がんセンター公的研究費職務分掌規程」にて定めており、複数の事務職員による確認を行うことで、適正な執行・管理に努めています。また「科学研究費助成事業(科研費)の使用ルール」等を定め、研修会等の場で職員への周知を図っています。
  また、万が一、公募型研究費の不正使用の疑いが生じた場合の調査方法等についても定めており、不正使用に対して厳正に対処するための体制を整えています。
   静岡県立静岡がんセンター公的研究費職務分掌規程
   静岡県立静岡がんセンターにおける公的研究費の使用に関する行動規範
   静岡県立静岡がんセンターにおける研究費の不正使用に係る調査に関する規程

適正な執行・管理のための活動

  研究者と事務職員が相互に協力して、公募型研究費の適正な執行・管理を行うように努めています。
  公募型研究費の執行にあたっては、事務職員が発注・納品確認等を行っており、発注等の前に執行目的を確認するなど、チェック機能も果たしています。また、取引業者に対する適正執行・不正防止の働き掛けなども行っています。
  さらに、事務職員においても公募型研究費の執行状況を把握し、研究が計画的に進むよう、研究者をサポートしています。

内部監査

   最高管理責任者の命を受けた事務局の監査員が、毎年度不定期で内部監査を実施しています。公募型研究費の執行管理体制、執行内容の確認・検証、購入した物品の現物確認等を実施しています。
  静岡県立静岡がんセンター公的研究費内部監査規程

研究の不正防止に向けた取組

研究不正相談・申立窓口

 研究活動における不正行為に関し、センター内外からの相談、申立てを受け付ける窓口を設けています。
  相談・申立窓口のページへ

関係者の皆様へ

関係者の皆様へ