緩和医療科 医師募集

緩和医療科の紹介

 当科は緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、外来と3部門で診療を行っています。緩和ケア病棟では年間450名程度の入院があり、症状緩和から看取りまで含めて治療・ケアを提供しています。医師、看護師相互の信頼関係と協力体制は優れており、いわゆるinterdisciplinary teamを越えたtransdisciplinary teamの体制が構築されています。緩和ケアチームは、緩和医療科専従医師、専従の緩和ケア認定看護師、専任薬剤師、専従臨床心理士などの多職種により、院内での横断的な活動を展開しており、平日は毎日全介入患者のチームラウンドを行っており、各診療科担当医や各病棟スタッフと密接な連携を図っております。依頼目的の中心は症状緩和ですが、当チームではがん疼痛に対する神経ブロック療法を積極的に取り入れており、平成28年度は主なブロックとして腹腔神経叢(内蔵神経)ブロック16例、仙骨硬膜外エタノール注入法10例、上下腹神経叢ブロック3例、持続くも膜下鎮痛法5例、持続硬膜外ブロック41例、などを実施しています。
 当院では患者の大部分が積極的な抗がん治療の終了後も看取りまで当院での治療とケアを希望されるため、介入患者の大多数は最期まで緩和ケアチームまたは緩和医療科が関与することになりますので、個々の患者を治療期~BSC期~看取りまで継続的にサポートしていけることも特徴の一つです。さらに、他の診療科が非常に協力的であるため、積極的かつ包括的な緩和医療・ケアを提供できることが特徴です。
 がん医療の中での緩和医療の展開を重視し、診療・教育・研究に積極的に取り組んでいます。幅広い症状緩和を中心とした臨床の研鑽を積み、専門性を高めたいという気鋭のスタッフを募集しています。

応募資格等

1 応募資格等 緩和医療の経験のある方、または緩和医療に意欲や感心のある方で、多職種チーム医療を実践できる方
2 募集人員 若干名

3 病院概要
(R1.10.1現在)

稼働病床数607床(全病床数615床)
医師数239名(常勤155名、非常勤10名、レジデント74名)

4 身  分 地方公務員(静岡県職員)
5 配  属 静岡県立静岡がんセンター 緩和医療科
6 待  遇 県給与条例(医療職給料表)等による医師経験年数を考慮して職位等を決定します。
7 選考方法 当センター医師等採用委員会による書類選考及び面接選考

 

お問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター  総務課企画人材班
電話:055-989-5743(直通) ● E-mail:scc-jinzai@scchr.jp
お問い合わせフォームは こちら

 

センター紹介

センター紹介